【近鉄】西田原本駅 入場券100円券

20180717_001.jpg

近鉄 西田原本駅 入場券 100円券です。
今年、田原本線は大和鉄道開業から通算して100周年を迎えました。8400系の内1編成が820系をイメージした塗装に変更されています。

20180717_003.jpg
現在の西田原本駅です。(リニューアル後)

20180717_002.jpg
田原本線開業100周年記念(復刻塗装)8400系 黒田・但馬間 2018年7月撮影

この入場券を購入した当時はまだ中型車(800系、820系)しか入線できない状態でした。各駅ホーム長は中型4両まで対応していました。日中データイムは主に820系2両編成で運行していました。800・820系が狭軌化改造、伊賀線へ転属後も長い間箸尾駅のホームに中型4両用のマークが残っていたこともあります。個人的には支線用格下げ後の800系4両編成は生駒線側でしか見かけたことがありません。

【上毛電鉄】大胡駅 補充硬券

20180708_403-2.jpg
20180708_403-1.jpg

上毛電鉄 大胡駅 補充硬券です。
同社は過去イベントなどで廃札を放出しています。この券も廃札券です。
当日限り有効券で経由記載欄もないことから、自社線内用で設備していたのか東武連絡(赤城接続)で使用していたのか、よくわかっていません。一番良いのは実使用例があれば参考になるのですが残念ながら実例を見かけた事がありません。

欠札時の予備や割引券などで使用していた可能性もあります。規模が小さい私鉄のため、各駅ゆきの全口座を用意していた場合、殆ど使用する事が無かったのではと思う事もあります。

【明石市営】のり鯛カード 4000円券

20180703_01.jpg

明石市営 (明石市交通部) のり鯛カードです。

明石市営バスは平成24年3月16日に運行終了(事業終了)して翌日から神姫バスと山陽バスに路線を譲渡しています。譲渡前から区間限定で山陽バスと神戸市バスでも共通利用が可能でした。この取り扱いも平成25年3月31日で終了しています。

利用終了後は明石市交通部が廃止されたため、観光案内所で払い戻しを実施していました。この取り扱いも今年の3月末で終了したため、未使用残額は失効しています。

明石市交通部では一時期Jスルーカードの利用が可能でした。近鉄発行券でもそのまま利用できます。こちらの方は平成21年3月1日限りでJR・近鉄Jスルーカード自動改札利用終了に合わせて取り扱い終了しています。

【近鉄】2003年 鉄道の日記念カード

20180702_01.jpg

近鉄 2003年 鉄道の日記念カードです。
このときの写真は内部・八王子線260系でした。

260系更新計画も本年度で最後の未更新編成が高安へ行きます。6月度の昼間は全編成冷房車で運転するため、日中2両編成が運用されていました。

20180702_02.jpg

最後まで残った旧編成は 265-122-163 です。土曜・日曜の旧編成は午前中のみ運用されていたようです。サ122の引退(除籍)は9月予定のため、未更新車も残り2ヶ月少しです。

【四日市あすなろう鉄道】ラーメンラリー

20180624_01.jpg

四日市あすなろう鉄道 ラーメンラリー1dayフリーきっぷです。

四日市市の総務企画課がやっているのですが、認知度は今一つ以下かも知れません。期間中に対象の店舗へ乗車券を持参すると特典があります。この特典は乗車券の利用日以外の日でもラリー期間中なら有効です。

画像は主券部分で副券部分は応募票になります。

乗車券の詳細は以下のURLにあります。
http://yar.co.jp/imgdata/201804181952403.pdf

この企画なにがマズイのかというと乗車券、案内リーフレットに対象店舗への地図がありません。最寄り駅から徒歩10分ー15分の程度の距離があっても住所だけです。市役所が企画したため、経験値がないままやってしまった感があります。

今ならQRコードでフォローするとか手もあるとは思いますが公式webではリーフレット以上の詳細情報がある訳でもありません。

過去にも近鉄時代に四日市市が無茶な設定(利用規定)で用意したフリーきっぷ限定3000枚に対して300枚程度しか売れず、内実利用150枚前後の実績があったりします。市役所が企画したため、最終的に情報公開で実績値がOPENされました。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する