【JR四国】標語入り 感熱式自動販売機券

20121125_01.jpg

「楽しい旅はJR」標語入り乗車券の例です。
標語入り券は一部の主要駅で見かけることがありました。近年はこのような券を見かけることは少なくなりました。

【JR四国】高知駅 入場券

20130602_14.jpg

JR四国 高知駅 入場券です。

JR四国の一部の駅では自動券販売機の地紋色を変更していた駅がありました。高知駅も対象駅の一つです。地紋色を変更する理由の一つとして、集札時の識別向上対策ですが、国鉄時代には硬券などで限定的な例があったものの、自動券販売機券では不正対策での時間限定的なものを除き殆どなかったと思っています。

JR移行後にJR西日本の社線関連で特定の機器のみ変更したケースがありました。これは入場時の識別用です。四国の例では集札時の対応用だと考えています。

【JR四国】高松駅 金額式乗車券

20130602_15.jpg

JR四国 高松駅 金額式乗車券です。

JR四国の一部の駅では自動券販売機の地紋色を変更していた駅がありました。この券は高松駅の券です。どの程度の期間と駅にこの券が設定されていたのか、手元に資料がないため詳細が分からない状態です。

【JR四国】徳島車掌区 金額式車内券

20130607_01.jpg
(画像をクリックすれば拡大します)

JR四国 徳島車掌区 金額式車内券です。

国鉄地紋で新会社移行後の過度期的な券です。この様式は国鉄時代から四国各地の車掌区で見かけることができた車内券で、非常に簡易的な様式になっています。

この様式の場合、発券は簡単ですが複写方式と異なり控え券側に詳細な発券情報が残らないことがあります。売上管理が金額管理で良い場合、合理的な方式だと思います。

【JR四国】土讃線 旭駅入場券

20130607_02.jpg

JR四国 土讃線 旭駅入場券です。

総武本線にも旭駅が存在するため、 ○土 の線名略号が記載されています。

線名略号の表記ですが、一般的には ( ) 表記になる事が多いです。四国では国鉄時代から ○ 表記にする券がありました。またローカル用の乗車券の場合、表記を省略してしまうなどのケースもありました。

6/8の車内券でも徳島線の府中駅の扱いは ○徳 線名略号が記載されていません。機械発券の場合、○に文字のフォントを作成せず、6/7の記事でとり上げた(讃)高松の様な形になるようです。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する