【JR九州】新幹線自由席特急券

20121202_11.jpg

博多駅感熱MV発行の新幹線自由席特急券です。

私のブログも3ヶ月目に入りました。最初のごあいさつで取り上げた画像も「祝!九州」から頂いています。当初は週1回程度の更新でまとめ的なブログを考えていましたが、当面は1日分の量を減らし、更新頻度を上げることにしました。

記事の内容、券種、地域にばらつきがあるのは、そのとき何か気になったことを取り上げているからです。元々私の好みが地方のローカル線やバスに向いているためです。

【JR九州】簡易委託:城戸南蔵院前駅

20121206_02.jpg

20121206_01.jpg

福北ゆたか線(篠栗線) 城戸南蔵院前駅の自動券販売機券です。
この駅は簡易委託駅で常備軟券を扱っていますが、同時に自動券販売機も導入されています。またSUGOCAも利用可能です。なぜ、自動券販売機券なのか? この券の発券時刻は16:02で既に窓口では帳簿締めが終了していました。受託者の方の話ですと毎日集計しているとのことです。簡易委託は午前中に訪問するのが鉄則ですね。

【JR九州】唐津駅 常備軟券乗車券

20130607_03.jpg

JR九州 唐津駅 常備軟券乗車券です。

JR九州ではこの年に硬券乗車券を全廃し残った常備券口座は軟券化しています。簡易委託駅などでは国鉄時代から金額式軟券を使用していましたが、直営駅で本格的に軟券を使用するのはこの時期からです。金額表記が小さいこの様式は比較的短命に終わっていると思っています。

唐津駅には自動券販売機がありましたが常備券を併用しており、このような事例は他駅でもあります。

【JR九州】中間駅 常備軟券乗車券(小児)

20130607_04.jpg

JR九州 中間駅 常備軟券乗車券です。

直営駅では年号のある日付印を使用していることもありましたが、改札印をそのまま使用しているケースもあり、この場合発行年度が不明になることがあります。上記の券は140円区間の小児券のため発売額は70円となり、そのまま発売額が券面に印刷されています。

JR各社では金額式小児券の様式(発売額をそのまま表示するか大人用の金額と小児発売額を併記する)が統一されていない状態でした。

【JR九州】簡易委託 金額式乗車券(復券代用)

20130615_06.jpg

20130615_07.jpg

JR九州 簡易委託駅 金額式往復乗車券(復券)

JR九州では自社線内相互発着に限り、金額式乗車券の往復券代用を認めていた時期があります。この券は大分駅周辺の簡易委託駅で往復券代用(復券)として発売されたものです。

本来なら「 月 日から有効」ではなく「 月 日まで有効」と表記するらしいのですが、そのままの状態で発券されています。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する