【筑豊電鉄】黒崎駅前 乗車券

20121207_01.jpg

20121207_02.jpg

筑豊電鉄 黒崎駅前 乗車券と自動券販売機

昭和末期に普通乗車券の発売を停止してから、長らく普通券がありませんでした。近年黒崎駅前に自動券販売機が設置され片道券のみ普通券が購入できるようになりました。券の様式ですが他社にはない独自の様式になっています。券売機ですが、一般的な食券販売機を流用したと考えています。

【熊本電鉄】電鉄タクシー乗継ぎ割引券

20130302_01.jpg

20130302_02.jpg

20130302_03.jpg
北熊本駅(2012年6月撮影)

上記の券は鉄道(電車)・バスで発行した券です。系列の熊本電鉄タクシーの運賃が割引になります。片方向のみ設定でタクシーから鉄道(電車)・バスに乗継する際には設定がありません。

タクシー利用範囲は北熊本駅(熊本営業所)、熊本市内中心部(交通センター)からの乗車に限定されているようです。熊本電鉄タクシー公式Webでは交通センター・通町・水道町・藤崎宮前・堀川駅周辺・山ノ下バス停が目安のようです。熊本県内のタクシー迎車料金は2kmまで無料となっていると思われます。迎車料金にスリップ制実車扱い適用地区だと、100円程度の割引では迎車料金で100円を超えてしまうので、割引が無意味になってしまうかも知れません。

この券ですが、熊本電鉄(電車)側の公式Webに案内が無く、熊本電鉄タクシー公式Webのみに情報が記載されています。

【熊本電鉄】北熊本駅入場券

20130304_01.jpg

20130304_02.jpg
北熊本駅(2012年6月撮影)

20130304_03.jpg
北熊本駅(2012年6月撮影)

平成24年、北熊本駅120円券の例です。(同社の初乗り運賃は130円です、入場料金は旧料金のまま据え置きされています。)現在、北熊本駅のみ常時駅改札で集札していた関係で最後まで入場券が残りました。裏面は白紙です。藤崎宮駅、堀川駅は有人駅ですが改札を行っていません。(入場券の発売はありません。)

写真の5101A号車(5000形)は去年にケロロ電車としてラッピングされてしまったようですね。

【熊本市電】旧制度の乗換乗車券

20130305_01.jpg

20130305_02.jpg

20130305_03.jpg
熊本市電 ケロロ電車(2012年6月撮影)

上記の乗換乗車券は対キロ運賃制度が適用されていた時代の乗換券です。現在は全線均一制度に戻っています。運転系統が数字からアルファベット文字に変更になり、乗換時間制限が設定されたため、現行券の様式は変更になりました。

この券が作成された当時は全て日付別に券を用意していた様ですが、欠札が出た時点でコピー券も兼用されていました。(黄色紙券がコピー券です)乗継時に辛島町までの運賃を支払い、整理券を所持したまま次の電車に乗換、下車時に差額精算する仕組みでした。

熊本市電では、熊電より先にケロロ電車のラッピングを開始しています。熊本=くまモンの方がインパクトがあり印象深い感じです。

【熊本市電】旧制度の回数券(金額式)

20130306_01.jpg

20130306_02.jpg
熊本市電 新水前寺駅前電停(2012年6月撮影)

20130306_03.jpg
JR新水前寺駅(2012年6月撮影)

「TO熊カード」移行に伴い、熊本県内共通回数券(紙券)の共通運用が停止されて久しいですが、この回数券は電車専用時代の金額式回数券です。

市内電車の紙回数券ですが、動植物園入園券付回数乗車券として紙券が復活しています。事実上の企画券であり、2枚1組の往復用として発売されています。

熊本市電の動きで気になっていた「JR新水前寺駅」との接続改善工事ですが、新駅舎完成で利便性が向上しています。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する