【ことでん】1DAY TICKET

20121209_01.jpg

ことでん 1DAY TICKET 2011年度版です。このチケットは全部で4種類ありました。現在は2012年度版が発売されています。ことちゃん・ことみちゃん版と名車シリーズ版で合計7種類あります。
正式な社名は高松琴平電気鉄道株式会社ですが「ことでん」の愛称を使用しています。

民事再生後のサービス体制は劇的に変化しています。(特に接客態度は劇的な変化だと感じています)。乗車券的には委託駅(簡易委託駅)が全解除され機械化されたことでしょうか。

【伊予鉄道】高浜接続自社バス線連絡券

20130623_01.jpg

伊予鉄道 高浜接続自社バス線連絡券です。

高浜駅と松山観光港の間は少し距離(600m程)があり、連絡バスが運行されています。バス連絡券を高浜駅で誤回収しないように、硬券時代は赤線が加刷されていました。感熱券に移行後は券上部にアンダーラインが印刷され区別できるように工夫されています。

【伊予鉄道】中島町営航路連絡券

20130623_02.jpg

中島町営航路発の伊予鉄道連絡券です。この券は航路券と鉄道券2枚1組で発行されたうち、伊予鉄道券となります。発行元の中島町営汽船は中島汽船株式会社へ転換(民営化)されています。

中島汽船は中島町が松山市へ合併する際、石崎汽船株式会社と旧中島町17地区の住人により平成16年4月に設立された後、旧中島町から事業譲渡譲受され、平成16年10月1日から船舶及びバスの運行を開始しています。

現在では中島汽船でICい~カードが使用できるようになり、運賃もIC割引が適用されるようになりました。

【阿佐海岸】甲浦駅 旧地紋 乗車券(金額式)

20130623_03.jpg

阿佐海岸鉄道 甲浦駅 旧地紋乗車券です。

この券は開業当初に用意された初期券で、平成9年4月1日の運賃改正(消費税改正)まで使用されていた模様です。消費税対応で運賃改定された後は、矢印式の券に変更され、地紋も新地紋へ移行しています。

【ことでん】琴電琴平駅乗車券(券売機券)

20130623_04.jpg

20130623_06.jpg

ことでん 琴電琴平駅 乗車券(券売機券)です。
感熱券を画像処理でどこまで復活できるか?実験(2回目)です。

元々地紋(字模様)のない券で、当初から印字状態がよくありませんでした。スキャンしたところ殆ど券面がわかりません。そこで画像処理を行い元の券面を復元しています。

一般的な金額式乗車券ですが、小児を小人と表現しているなどの特徴があったりします。現在のことでんでは自動改札が導入されましたが、ICカード専用で運用されている模様です。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する