【国鉄:赤谷線】車内補充券

20121129_02.jpg

新潟車掌区の赤谷線車内補充券です。

バス転換後は、新潟交通が転換バスを運行していました。現在は新潟交通観光バスが、新発田-赤谷-新谷線を運行しています。

新潟交通ICカード「りゅーと」のエリア拡大で新発田営業所でも一部路線で使用できるようになっています。平成25年春「Suica」エリア拡大により、将来JRのICカードで東赤谷まで乗車できる日がやってくるかも知れません。

【国鉄:日中線】車内補充券

20121129_01.jpg

会津若松車掌区の日中線車内補充券です。

日中線廃止後は会津バスが転換バスを運行していましたが、平成24年9月30日限りで廃止になりました。平成24年10月1日より喜多方市が主体となる予約型乗合交通(デマンド交通)へ移行しています。
廃止対象路線が2つあるのはバス転換時に千石沢線と(会津)村松から(会津)加納を経由する2路線が存在したためです。

廃止路線(デマンド交通移行路線)
・千石沢(日中)線
 喜多方駅前~喜多の郷・夢の森~千石沢
・夢の森線
 喜多方駅前~加納・針生~夢の森

【国鉄:樽見線】車内補充券

20121127_03.jpg

大垣駅乗務員発行の樽見線用車内補充券です。

存続問題で揺れている樽見鉄道ですが、岐阜県地域公共交通協議会幹事会は「沿線市町の支援による継続運行が適当」との判断を行っています。毎日新聞の報道では大垣市が支援に消極的であるとのことです。10月25日の時点では来年度以降の補助金額などは未定のままです。

【国鉄:神岡線】車内補充券

20121127_01.jpg

20121127_02.jpg
国鉄富山車掌区の補充券です。

神岡線第三セクター転換直前(昭和59年9月発行)の券で、裏面に記念乗車券券のスタンプがあります。国鉄線としては廃止ですが、第三セクター転換が決まっていたため、59.9.30終了となっています。

転換した神岡鉄道も廃止され、現在は飛騨市巡回バス (ふれあい号)、神岡北部市営バスで代替されています。飛騨市巡回バスの営業キロは1周約130㎞、所要時間約4時間20分で全線100円均一になっています。100円コミュニティーバスの中では最長営業キロだと思っています。

【JR東海】特定料金POS入場券

20121126_01.jpg
JR東海のPOS入場券です。特定料金130円が適用されています。

JR東海の入場料金はJR移行後140円(小児70円)のまま据え置きですが、他社関連で100円から130円までの特定料金が存在していました。

・100円 (小児50円) :近鉄
・110円 (小児60円) :名鉄
・120円 (小児60円) :近鉄、JR東日本、JR西日本
・130円 (小児60円) :JR東日本
・130円 (小児70円) :名鉄

こまめにメモを取得していなかったので、どの金額券が何時使用されたのか、直ぐに出てこない状態です。

【JR四国】標語入り 感熱式自動販売機券

20121125_01.jpg

「楽しい旅はJR」標語入り乗車券の例です。
標語入り券は一部の主要駅で見かけることがありました。近年はこのような券を見かけることは少なくなりました。

【養老鉄道】車内補充券

20121124_01.jpg
平成19年券(転換当初の券)

転換後車発機がなくなり、旧近鉄時代と似た券が登場します。基本ワンマン運転のため、車内改札などで乗務員が添乗する時に購入できます。一部の駅出札にも同じ券を設備していることがあります。

【養老鉄道】休日フリーきっぷ

20121123_01.jpg

20121123_02.jpg

近鉄時代から養老線内では休日フリーきっぷの設定がありました。
転換後も同じ内容で引き続き発売されています。

この券は通年設定で発売日から3ヶ月以内の利用可能日に有効です。
(伊賀鉄道と異なり学休日を除く平日の使用はできません。)

【伊賀鉄道】普通乗車券 入場券

20121122_01.jpg

20121122_02.jpg

開業直後の券になります。普通券のJR連絡運輸が廃止され、近鉄線との連絡券も設定されませんでした。定期券は区間限定での連絡運輸になります。

運賃が単純合算されることから、伊賀神戸接続の近距離区間では大幅値上げになりましたが、輸送実態としてそれ程多くないと考えたのでしょう。上野市駅に存在した近鉄端末は転換後も引き続き設置され近鉄線内の特急券、乗車券の購入ができるようになっています。

【伊賀鉄道】乗車票がなくなりました

20121121_01.jpg

20121121_02.jpg

近鉄時代にワンマン化したとき、無人駅に乗車票発行機を設置していましたが、新型電車に代替するとき、整理券発行機を車内に設置しました。新型電車の置き換えが終了したため、駅に設置した発行機は使用中止になりました。

【伊賀鉄道】開業記念 1日乗車券

20121119_01.jpg

20121119_02.jpg

伊賀鉄道開業記念オフピークフリー乗車券です。
開業当初5000枚の限定発売でした。「オフピークフリー」とは平日のみ午前9時以降に有効でした。土曜・休日は終日有効です。上野市-伊賀神戸間往復700円に対して発売額500円と割安感がありました。その後1日券の発売は継続されますが、発売額は600円、700円と改定されています。

【伊賀鉄道】1日乗車券引換券

20121118_01.jpg
1日乗車券引換用(補充券)引換前にコンビニでコピーしています。

20121118_02.jpg
上野市駅(2012年10月撮影)

伊賀鉄道も開業してから5周年を迎えています。
普段グッズ類はあまり購入しないのですが、駅名標キーホルダーを1個購入してみました。伊賀線としては開業95年なんですね。近鉄時代と比較して、アテンダント乗務と車内改札(着札回収)強化でしょうか。アテンダント乗務の場合、伊賀神戸到着前に乗車券を回収しています。

【JR西日本】キレート式他社関連券

20121004_01.jpg

JR西日本発行のキレート式自動販売機券です。
JR地紋移行後の券で四国方面への券のため、「四国会社線」の表記があります。
この時期、他社関連の金額式券の表記にはいくつかのパターンが存在していました。

【JR西日本】キレート式自動販売機券

20120929_03.jpg

JR西日本発行のキレート式自動販売機券です。
JR移行直後に発行されていますのでJNR地紋券が引き続き使用されていますが、印刷版は更新され、□西 記号が入っています。

【一畑電車】雲州平田駅 特別入場券

20121114_01.jpg
雲州平田駅 特別入場券
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

20121114_02.jpg
保存されている デハニ52

この券は雲州平田駅構内を見学できる特別入場券です。(発売終了です)
アテンダント乗務されている方のガイド付きで1000円は少々お高いですが、普段は立入禁止の構内を見学できるので良いかもしれません。当日は参加2名と映画より車庫見学を重視した方々の様でした。映画の方は未見のままです。
結局、定番コースは軽めの見学で車庫内撮影会状態に。

【バス】平田市生活バス:一畑薬師線

20121112_02.jpg
平田市生活バス(平成14年1月撮影)一畑薬師

20121112_01.jpg
一畑電鉄(バス)廃札券 一畑口 - 一畑薬師 往復券

現在は平成の合併で出雲市となったため、「平田生活バス」と名称を変更しています。
一畑薬師線は一畑口駅から一畑薬師までの参拝客輸送のために、自社バス路線で運行されていましたが、平田地域からバス事業撤退の際に平田市営バスに転換されています。輸送量の少ない線はワゴン車での運行でした。

バス事業撤退前は自社バス連絡券も発売可能で車内補充券にも一畑薬師の駅名欄がありました。何時ごろ無人化されたのか手元には資料がありませんが、昭和50年代位?まで一畑薬師にも出札所が存在した様です。

【一畑電鉄】着色地紋自動販売機券No.2

20121113_12.jpg

20121113_11.jpg

分社化前の旧券です。平成14年券です。
出雲市駅の券販売機が更新され、多機能型になり矢印式で発売されるようになりました。企画券(一日フリー券)も発売可能になっていました。

大和紡前駅はこの年の7月に出雲科学館パークタウン前駅に駅名改称されています。

【一畑電鉄】着色地紋自動販売機券

20121111_01.jpg

20121111_02.jpg

分社化前の旧券です。平成14年券ですが、当時は発売駅毎に券販売機券の地紋着色を変更していました。ワンマン集札時の確認を容易にするためです。松江温泉駅は無地紋券でした。

機械により設定が異なっており、殆どの機械は金額式で発券していましたが、一部の券販売機は矢印式で発売していたのが印象に残っています。

【一畑電車】出雲大社前駅 入場券

20121110_01.jpg
一畑電車 入場券

20121110_02.jpg
裏面は片番号です。

20121110_03.jpg
電鉄出雲市駅 3000系(元南海電鉄21000系)

平成20年に全駅「一畑電車」表記の新券に交換されています。片券番号券になります。3000系引退の日も近づいてきています。島根県が計画した支援計画に動きがあった模様ですね。twitterからの情報(新聞報道)だと新車と中古車併用みたいです。

平成23年7月資料 一畑電車沿線地域対策協議会(島根県、松江市、出雲市)
http://www.pref.shimane.lg.jp/kotsuu/tetsudo/ichibata.data/keikaku.pdf

【保存鉄道】なかよし鉄道(尾小屋鉄道)No.2

20121109_01.jpg
なかよし鉄道記念券(2010年5月発券)

20121109_02.jpg
子ども交流まつりの日(2010年5月撮影)

20121109_03.jpg
なかよしの森でお昼休み(2010年5月撮影)

2010年5月子ども交流まつりの日の券です。当日は10:00-16:00まで運転されていました。お昼休みの時間はなかよしの森まで回送して撮影タイムでした。(スタッフのみなさんはお昼休みです)

【保存鉄道】なかよし鉄道(尾小屋鉄道)

20121108_01.jpg
なかよし鉄道記念券 小松児童会館時代の旧券 (平成4年)

20121108_02.jpg

いしかわ子ども交流センター小松館(旧:小松児童会館)では尾小屋鉄道の車両が動態保存されています。

普段は会館利用者の子供たちがお客です。児童会館の資料を頂きに事務所へ伺ったら、記念券も作成したとのことで1枚頂きました。保存鉄道に乗車する際には乗車券(運賃)は不要です。(無料です。)

現地に行くなら、なかよし鉄道特別運行日か子ども交流まつりの日が良いと思います。30分間隔で運行され全部の車両が登場します。三重交通から譲渡された客車はこの2日間しか運行されないようです。

【美唄鉄道】東明駅 入場券

20121107_01.jpg
美唄鉄道廃札券

20121107_02.jpg
美唄鉄道 東明駅跡(平成13年11月撮影)

美唄鉄道の東明駅舎は4110式十輪連結タンク機関車2号と共に現地保存されています。

市民バス利用なら「東明5条」で下車が便利です。市民バス東線はこの少し先にあるアルテピアッツァ美唄までに短縮されています。
現在、市民バス東線の運行はフラワー観光バスに委託されています。

【バス】美唄市:市民バス一部区間廃止

20121106_01.jpg
美唄鉄道 我路駅跡(平成13年11月撮影)

20121106_02.jpg
我路停留所 美鉄バス(平成13年11月撮影)

20121106_03.jpg
美唄鉄道廃札券

美唄鉄道 美唄-常盤台間の代替バスを運行していた美鉄バスが平成14年3月31日限りで廃業(解散)になり4月から市民バス(美唄市営バス)が運行開始されていました。平成24年9月30日限りでアルテピアッツァ美唄~スキー場間の路線が廃止になりました。旧盤の沢駅・我路駅への鉄道代替バスが消滅したことになります。

美唄市では盤の沢・我路方面への代替輸送として“乗合タクシー”を運行していますが、利用登録が必要な住民限定サービスになった模様です。

【バス】弘南バス:黒石線代替バス

20121105_11.jpg
川部駅前 90系統 黒石~川部線(2012年6月撮影)

20121105_12.jpg
弘南鉄道黒石線乗車券

「五所川原⇔青森空港」線の廃止(平成24年11月30日限りで廃止予定)、ノクターン号スーパーシート廃止(平成24年12月1日品川発便で廃止予定)など廃止予定が多い弘南バスですが、黒石線代替バスも1日5往復まで減便されています。

川部駅前7:50発に乗車してみましたが、通学需要以外は厳しいかも知れません。

【バス】弘南バス:土手町循環バス乗継券

20121104_01.jpg
土手町循環乗継券

20111104_02.jpg
弘前バスターミナル 土手町循環線(2012年6月撮影)

20111104_03.jpg
弘前城(2012年6月撮影)

弘前市内では複数の100円バスが運行されています。そのうち土手町循環バスに関してはバスターミナルでの車両交換があります。そのときに発行される乗継券です。

弘前城からの帰りに乗車してみました。目的地は弘前駅でしたが、車両交換のため発行された券です。バスターミナルから駅までは近いのでそのまま歩いて券を残しました。同じ券を何度も使用するリサイクルタイプのため、券が少々痛んでます。

【津軽鉄道】自動販売機券

20121103_03.jpg
金木駅乗車券

20121103_04.jpg
感熱化前の自動販売機券

20121103_01.jpg
金木駅自動販売機

20121103_02.jpg
旧型客車(五所川原駅ホームより)

金木駅のみ自動販売機が更新されました。五所川原ゆきの大人ボタンに張り紙があるのは、ボタンが故障したためです。

津軽鉄道と言えば、客車列車だと思っています。最初に訪問したときは通学運用が残っていて西武鉄道から譲渡された151系電車改造の客車ナハフ1200も運用されていました。今週は津軽鉄道を特集してみました。

【津軽鉄道】一般式乗車券 No.2

20111101_01.jpg

20111101_02.jpg

津軽鉄道では旧券であっても、券が無くなるまで長期間販売することで有名でした。
五所川原から金木ゆきは旧券で芦野公園から金木ゆきはBJR地紋の新券です。

この旧券が長らく残ったのは当時、五所川原駅に自動販売機があった為だと思います。現在の有人駅では金木駅以外自動販売機は撤去されました。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する