【岳南電車】休日用1日全線フリー乗車券

20140228_01.jpg

20140228_01a.jpg

岳南電車 休日用1日全線フリー乗車券です。

岳南鉄道から鉄道事業を分離後も継続して全線フリー乗車券を発売しています。乗車券の方は殆どの券が新券(新地紋券)に移行していました。

旧券で残ったのは、一部の回数券と現状は使用していない車内補充券です。車内補充券は記念品扱いとなっている模様です。まちの駅 ほんちょうえき岳鉄プラザ側のショーケースで車内補充券を発売していました。(発売は正規金額となります。実乗可能かまでは確かめていません)

【北越急行】十日町駅特別補充券

20140226_02.jpg
(画像をクリックすれば拡大します)

北越急行 十日町駅 特別補充券です。

地図式のJR連絡に対応した券です。正規条件で発行されたケースがそれ程多くないと思われる券です。この券も社線内相互で発売しています。

JR連絡用で実使用した場合、例えば大阪市内着を想定した場合、経由指定の入鋏欄がなく東京経由、直江津・富山経由など複数の経路があり、記事欄に別途記入する必要があります。また直江津・長野経由を選択した場合、長野-名古屋間に線がなかったりします。(犀潟接続直江津、長野、名古屋経由大阪市内ゆきは発売可能です)

大阪市内、京都市内着を想定していない券で大阪・京都と単駅表示になっています。実務上は北越急行側にJRマルス端末があり、遠距離連絡乗車券は端末券で対応しているようです。

【北越急行】十日町駅入場券

20140226_01.jpg

北越急行 十日町駅 入場券です。

この券は両面印刷の非磁気券です。この券でJR側ホームにも入場できるようですが、2時間制限の記述がありません。
当日は列車が少し遅れていたのと、北越急行側で補充券なども購入していたため、結局JR側駅舎に行く時間的余裕がありませんでした。

北越急行に関して以前と比較した場合、いくつかの無人駅に自動券販売機が導入された関係で車内整理券発行機より整理券が発行されない駅が増えているようです。

【北越急行】十日町駅JR連絡乗車券

20140220_05.jpg

北越急行 十日町駅JR連絡乗車券です。

この券は犀潟接続の磁気券です。十日町には2台の券販売機があります。そのうち磁気券で発売できるのは1台に限定されています。JR飯山線との共同使用駅のため、JR単独券もこの自動券販売機で対応しています。

(入鋏)省略印字があります。改札通過時に入鋏印が押印されました。インクが薄いため殆ど判別できません。

【北越急行】まつだい駅乗車券

20140220_06.jpg

北越急行 まつだい駅 乗車券です。

まつだい駅は簡易委託扱いとなっているようですが、近距離券は自動券販売機にて対応している模様です。時期により有人駅扱い(駅員派遣で集札対応などを実施)することもありました。

現在、六日町、直江津駅などに自動改札が導入された関係で一部の券販売機は磁気券対応機に置き換えされていますが、この券は片面印刷の非磁気券です。磁気券、非磁気のワンマン対応両面印刷券、片面印刷券など複数の様式券が混在して使用されています。

【北越急行】六日町駅 JR委託乗車券

20140222_01.jpg

20140222_02.jpg

北越急行 六日町駅 JR委託乗車券です。

現在の特急定期列車は1日1往復が六日町駅に停車しています。この券は、はくたか4号に乗車したときの券でJRタッチパネル式の場合、社線単独でも乗車券+特急券の同時購入が可能でした。

社線単独の普通乗車券も同じ機械で購入できますが、その場合A券になります。

はくたか4号は赤倉信号場ではくたか3号と交換するため、所要時間では後からの快速の方が最速列車となるようです。

【北越急行】車内特別補充券

20140220_04.jpg
(画像をクリックすれば拡大します)

北越急行 車内特別補充券です。

この券は十日町駅常備です。十日町~まつだい間で十日町駅員さんが車内精算巡回を行うことがあり、この券を使用しています。そのため必ず駅で購入できるとは限りません。この券はまつだい到着後に購入しています。

北越急行ではJR線へ乗り入れするため、一部の無人駅に自動券販売機を設置しています。この券が大池いこいの森発になっているのは発券をお願いするとき、適当な80円区間で1枚とオーダーしたためです。

【上信電鉄】下仁田駅 高崎ゆき乗車券(3種)

20140220_03.jpg

20140220_01.jpg

20140220_02.jpg

上信電鉄 下仁田駅 高崎ゆき乗車券(3種)比較です。

上の券は元々下仁田駅で発売されていた券です。(ワンマン対応前)
中の券はJR自動改札対策で軟券化されていた券です。
下の券は改札分離後に硬券に戻った券です。

下の券は印刷時期により、地紋が異なる券が存在しています。特に赤券硬券初期の券はJPRの文字が比較的大きい券が存在しています。(青券と赤券の違いは山口証券印刷券と関東交通印刷券の違いです)

【上信電鉄】根小屋駅高崎 往復乗車券

20140219_01.jpg

上信電鉄 根小屋駅高崎ゆき往復乗車券です。

上信電鉄では高崎着の乗車券を赤地紋にして、着札集札時の確認に工夫を行っています。JR改札分離前でJR自動改札導入後は一時的に軟券化されていました。

平成25年12月の時点で高崎対応の往復乗車券は駅により硬券と軟券が併用されている状態でした。高崎着以外の往復券で常備券がある場合、硬券が使用されています。

【上信電鉄】根小屋駅 硬券乗車券

20140217_02.jpg

20140217_01.jpg

20140217_03.jpg

上信電鉄 根小屋駅 硬券乗車券です。

全て同じ日に購入した券ですが、印刷(調製)時期により微妙な差があるようです。印刷会社の違いだと考えています。以前と比較した場合、小児券の口座が全体的に整理された感じで口座落後に新券が作成されていない券もあります。このため、小児断線を切断するケースが多くなっていると思います。南高崎ゆき、高崎商科大学ゆ共小児専用券がありません。

比較的売れる券に関しては、字模様などが若干異なる券が複数存在しているようです。高崎商科大学ゆきは初期のワンマン対応券で、裏面に区間印刷が開始された最初の券です。

【上信電鉄】高崎駅 硬券乗車券

20140215_02.jpg

上信電鉄 高崎駅 硬券乗車券です。

高崎駅にはバーコード運賃箱対応の自動券販売機が2台設置されています。この記事にある硬券乗車券も健在です。JR線からの乗継客が集中すると適時窓口でも硬券を併売している様でした。

この乗車券の着駅、南高崎駅も元々有人駅でしたが末期は営業時間も短縮され現在では無人駅となっています。上信線も輸送量が減少したため、3連運用がなくなり、駅の無人化も進行しているようです。新型の7000形は何回か見かけたのですが、今回は乗車することができませんでした。

【上信電鉄】高崎駅 硬券入場券

20140215_01.jpg

20140215_03.jpg
(上信電鉄 高崎駅ホーム 2013年12月撮影)

上信電鉄 高崎駅 入場券です。

JR線との改札分離後に発売開始となった170円入場券です。
80円券の途中までは黒色印刷でした。80円券以降に赤印刷券となり、170円まで継続しています。当初は上州富岡、南蛇井、下仁田以外、駅名はゴム印補充券だったようです。現在では各駅とも常備券になったと思っています。今回は小駅の営業日・時間帯に制約があり全駅を回りきることはできませんでした。

【南海電鉄】難波→高野山2種比較

20140214_01.jpg

20140214_02.jpg

南海難波から高野山への乗車券です。極楽橋からケーブル線に接続するため、矢印式の券になっています。

この券は難波駅60号券売機で発売された同じ券ですが、上の券が無地紋券、下の券が地紋あり券です。自動改札導入後に磁気券化された初期の乗車券には地紋が省略された券が存在しています。
当時の窓口用常備券にも磁気券化された券があり、同様に地紋が省略された券が存在しています。

※2014-02-11の記事のコメントで南海無地紋の話題が出たため、本記事化してみました。

【山陽電鉄】西代駅 阪神連絡乗車券

20140212_01.jpg

山陽電鉄 西代駅 阪神連絡乗車券です。

この券は神戸高速鉄道から阪神線への連絡券になります。地上駅時代の西代駅で発売された券です。西代駅から神戸高速方面への乗車券も山陽仕様で発売されていたため、一見3社連絡券に見えますが、2社連絡券になります。

特徴は山陽・神戸高速・阪神連絡の場合、乗車駅からの総額表示を行い、最終着駅に属する接続駅からの運賃を再掲します。乗継割引が適用されると、実際の運賃配分が表示されます。阪神大人100円区間に対して小児50円、小児乗継割引5円分を減算して三宮から阪神45円区間ゆきとなります。

【山陽電鉄】夢前川駅 金額式乗車券

20140211_01.jpg

山陽電鉄 夢前川駅 金額式乗車券です。
夢前川(ゆめさきがわ)の近くに駅舎があるため、河川名から命名されたようです。この券は磁気券です。

---------------------------------------------------
この記事はB5サブノート(WindowsXP機)でテスト的に作成しました。中古で購入したPCですが、ハードディスクから大量のエラーが発生した関係で新品に換装していました。今時2.5インチIDEなんて需要がある訳もなく、不良在庫の新品80GB 4800円で品物を調達。コストパフォーマンスを考慮すると最悪です。B5ノートなのでSATA変換機を入れるスペースもなく仕方ないとは思っています。

1万円あれば、もう少しマシな激安中古機が購入できるかも知れませんが、XP温存の場合ハードディスクAFT問題(下手にHDD換装できない)、またLinuxで運用するのでPAEに対応したCPUが必須となるため、Pentium M系が多いB5ノートは色々と難問があり、結局ハードディスク交換を行ってしまいました。
Dynabook SS M11だとネジ1本でハードディスクの取り外しができるので、かなりマシな方です。同じ東芝でもある程度分解しないとハードディスクが取り出しできない機種もあったりします。

【JR東日本】韮崎駅一般式遠距離券(磁気券)

20140209_01.jpg

JR東日本 韮崎駅一般式遠距離乗車券(磁気A券)です。

当時は近郊区間の外側のため経由表記があり、2日間有効券でした。現在では韮崎駅まで東京近郊区間が拡大されたため、当日限り有効となっています。近距離用自動券売機で例外的に遠距離A券を発売する駅にはいくつかの券例があったようです。JR東日本では硬券に近い形で発売していました。

---------------------------------------------------
この記事は実験機(Windows7評価版)でテスト的に作成しました。
中古で購入した少々問題のあるPCの動作検証(比較用)のため、別の旧型機(Windows7に対応していない化石PC)で正しい動きになるのか?検証したところ、極普通にスキャンできました。どうやらスキャナーの問題はUSB関連でのエラーとドライバー認識に何か問題があるようです。

この休日は遊びモードでCentOS6.5(Linux)でどこまで出来るのかテストした所、穴に落ちました。メモリーが512MBだともうGUIでOSインストールできないんです。結局最小限インストールとなってしまったため、yumで結構あれこれパッケージ追加後、SANEとXSaneで乗車券スキャン確認までできました。

【大井川鉄道】福用駅 乗車券(委託扱)

20140207_21.jpg

20140207_22.jpg

大井川鉄道 福用駅 乗車券です。

福用駅は駅前商店(簡易郵便局併設)で乗車券を委託販売しています。簡易郵便局部分は土日休業ですが、乗車券委託部分は駅前商店扱いのため、土日は不定休となります。確実に乗車券を購入するためには簡易郵便局営業時間帯が安全です。

先日の報道で大井川鉄道本線列車本数4割削減でタイヤ改正を実施するとのことです。ダイヤ改正後は昼間の時間帯を中心に3-4時間程度の列車運転がない空白時間帯が発生するとのことです。

----------------------
個人的な感想ですが、この削減対応は良くないと考えています。短期的な経費圧縮はできるかも知れませんが、長期的にはさらなる旅客数減少の主原因になり、列車本数削減後の旅客逸脱数がかなり増加している津軽鉄道の例を見ても先が見えない状態かも知れません。擬似高速バス(ツアーバス)事故が原因で貸切観光バスのワンマン運転走行距離数が制限されたため、主力のSL列車乗客数(団体客数)が落ち込んでいるのも普通列車削減の原因だと考えています。
(全体の収入の内、SL列車の収入が9割、普通列車が1割と普通列車の収益悪化が極端に深刻化しています)

例えば、若桜鉄道の様に社会インフラとして、列車本数削減はできるだけ行わない方針です。(若桜鉄道は公有民営方式に転換しています。)

【上毛電鉄】西桐生駅 入場券(170円新券)

20140207_10.jpg

20140207_12.jpg

20140207_11.jpg

上毛電鉄 西桐生駅 入場券(170円新券)です。

現在の出札口は改札兼用のため、別の場所に移動しています。歴史ある駅舎で旧の窓口跡は今でも残っています。券販売機に入場券の表示はありますが、硬貨を投入しても購入できませんでした。

※この記事はWindowsXPで作成しています。Windwos7機でのスキャナー動作で異常な部分があり、メーカーから対応ドライバーをダウンロードして再設定しても改善できませんでした。なぜ?と思ってもかなり古い機種のため、あまり情報がなく原因追求中だったりします。

【上毛電鉄】大胡駅 入場券(170円新券)

20140205_01.jpg

20140205_03.jpg
(大胡駅イルミネーション 2013年12月撮影)

上毛電鉄 大胡駅 入場券(170円新券)です。

現在大胡駅ではホームから見学できるイルミネーションを実施しています。今年で5年目になります。公式Webでの案内では平成25年12月1日から平成26年3月中旬まで点灯予定となっています。

※自動券販売機に入場券の設定はありません。公式Webでも案内されていますが、ホームからのイルミネーション見学には入場料金170円が必要です。小児料金に関して公式パンフレット類に案内がありません。(単純な掲載もれなのかも知れません)

【上毛電鉄】中央前橋駅 入場券(170円新券)

20140204_03.jpg

上毛電鉄 中央前橋駅 入場券(170円新券)です。
A型の赤線入場券に変更されてから数年経過しています。

平成9年の消費税関連での運賃改定から1度も運賃改定ができず、現在まで運賃を据え置きしています。平成10年度より上毛方式での上下分離が実施され現在まで運営されていますが、赤字体質からの脱却ができていないようです。

4月増税後の対応がホームページに掲載されていないもの運賃改定による旅客逸脱の影響がどの程度あるのか検討中だと思っています。入場料金の改定があれば新券作成の有無が気になるところです。

【上毛電鉄】中央前橋駅 入場券(170円旧券)

20140204_01.jpg

20140204_02.jpg

上毛電鉄 中央前橋駅 入場券(170円旧券)です。
大人券は通常発売券で、小児券は記念券(セット券)です。

小児入場券ですが、微妙に感じが異なっています。通常券は足利印刷だと思っています。記念券の方は「1回限り」の「り」が通常の活字です。

東武硬券の場合、「限り」の「り」が小さくなっている券が昭和30年代から存在しています。

※WindowsXP機からWindows7機へ移行作業を開始しました。この記事は試験的にWindwos7機で作成しています。リース落ちの激安Windows7機を中古PC店にて購入して、Blog更新ができるようにセットアップ中です。激安機の場合、自分でOSから再インストールすることになるので結構時間が必要だったりします。Core 2 Duo搭載機が15000円程度で購入できたので当初の予算より安くなったと思っています。ハードディスクの中古品は故障が怖いので新品(+6000円)に換装しています。

【上毛電鉄】新里駅 入場券(120円券)

20140201_11.jpg

20140201_12.jpg

上毛電鉄 新里駅 入場券(120円券)です。

昭和券は大人・小児兼用券で平成券は大人専用券になります。
110円券までは大人専用券で対応していましたが、120円初期券で小児断線のある券が登場しています。増刷された平成券ではまた大人専用券に戻っています。

上毛電鉄は東武系列ですので足利印刷(東武系列の乗車券印刷会社)から券を調達していたと思っています。上記の小児断線あり券だけは他社から調達したと考えています。(比較的古い券の中には足利印刷以外の券もあるようです)

仮に小児入場券の設定がない場合でも通常と異なる印刷会社へ発注した場合、旅規とは異なる異様式券が納品されることもあるかと想像している所です。

上記の券ですが「できません、」と末尾が「、」となっています。同時期の他駅券でも同様の券があり、料金改定時に全駅分一斉発注したと考えています。

【上毛電鉄】赤城駅 硬券入場券

20140201_01.jpg

上毛電鉄 赤城駅 硬券入場券です。

150円券時代は無かったと思われる赤城駅硬券入場券ですが、170円券旧券時代に他駅で代理発売が行われた形跡があり、その後赤城駅窓口にて直接販売されるようになった経緯があります。

150円券時代に何故赤城駅に硬券入場券が無かったのか、手元にメモが残っていませんので詳細が分からないのですが、当時の券販売機や運賃表の写真がないため、今となっては推測しかできてない状態です。

※西桐生駅では券販売機の入場券ボタンを使用停止扱いにしてあり、窓口で硬券入場券を発売しています。自動券販売機との関係ではないかと推測しています。

【上毛電鉄】赤城駅 小児入場券(券売機券)

20140131_01.jpg

20140131_02.jpg
(赤城駅運賃表)

上毛電鉄 赤城駅 入場券(券売機券)です。

全駅確認していないのですが、券販売機で入場券を購入できる駅は限定されているようです。

ここから本題です。上毛電鉄では小児入場券の取扱に対してあいまいな時期があり、近年の硬券入場券では殆ど大人専用券にて対応しています。(過去120円券の一部に小児断線があるなど例外券があります。)

小児専用の硬券入場券が登場したのは記念券(10.10.10セット券など)に含まれている券があり、通常発売の小児専用硬券入場券はないと思っています。

小児入場券の歴史が浅く、社によっては小児入場券の制度がない場合もあります。赤城駅の運賃・料金表示も小児入場券の実需要がなく過去例をそのまま引き継いだ結果、小児料金の記載が漏れていると考えています。

現在でも駅窓口にある硬券入場券は大人専用券しかありません。(本当は現行の規則類を閲覧して実情を確認したかったのですが、時間的余裕が無かったため調べていません。)

※赤城駅は上毛電鉄管理のため、東武線ホームへの入場も170円の上毛電鉄料金が適用されます。(東武入場券の発売はありません)
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する