【樽見鉄道】神海駅 入場券

20140526_05.jpg

樽見鉄道 神海駅 入場券です。

この券は樽見鉄道大垣駅の事務所で発売されていた券になります。第三セクター転換当初は神海駅にも駅員配置がありました。(樽見駅延伸前で自動閉塞未導入の時代です。)

樽見鉄道の場合、転換当初にはA券、B券の硬券入場券(無地紋、線引きなし券)が存在しています。その後、B券赤線引き券にほぼ統一されています。無人化前に調製した残券なのか?記念用に用意した新券なのか?は不明な状態です。

※樽見鉄道の入場料金は第三セクター転換後も140円のまま長年据え置きされています。(初乗り運賃と入場料金が一致していない事業者です。)そのため、単純に料金額面から調製時期を推測することができません。

【樽見鉄道】本巣駅 硬券乗車券

20140526_04.jpg

樽見鉄道 本巣駅 硬券乗車券です。

樽見鉄道では一部の駅で硬券乗車券を発売していました。自社地紋のA券で自社線内は青券(青地紋)、JR連絡券は赤券(赤地紋)を使用しています。主に一般式が使用されていましたが、時期により相互式券も存在しているようです。

券面の「○名」記号ですが、国鉄時代から各駅の硬券乗車券に印刷されています。大垣駅が(国鉄)名古屋鉄道管理局のため、国鉄へ委託発売した券に「○名」記号があっても通常だと思いますが、社線単独駅にも同様の記号があります。

JR新会社発足後も「□海」に代わることなく「○名」のまま印刷されていました。

【樽見鉄道】モレラ岐阜駅 乗車券

20140526_03.jpg

樽見鉄道 モレラ岐阜駅 乗車券です。

樽見鉄道の臨発券の一部に車内乗車券としたものが複数あります。この券はモレラ岐阜駅にて購入しています。入鋏印ですが、開業当初は樽見駅用を流用していました。

「商業施設」開業当初は予想を上回る人出があり、樽見鉄道でも臨時列車を設定するなどの一定の効果がありました。そのため、臨時の出札・改札(集札)対応を実施しています。

※オープン当初は下車客があまりにも多いため、車内では運賃精算不能なる位利用客がありました、その後は落ち着き出札対応は不定期化されているようです。

【樽見鉄道】北方真桑駅 乗車券

20140526_02.jpg

樽見鉄道 北方真桑駅 乗車券です。
転換当初の初期券で無地紋券になります。国鉄券と同じ様式で上部に社名・社紋があります。

樽見鉄道線は北方で旧名鉄揖斐線と途中で交差していました。北方真桑駅から名鉄最寄の美濃北方駅までは少し距離がありました。岐阜市内へは名鉄経由の方が本数が多く先に名鉄線の方が廃止になるとは予想外でした。名鉄揖斐線廃止後は多少利用客が増えたとのことですが、現在では大幅に窓口営業時間が短縮されています。

北方真桑駅の硬券入場券ですが、欠札になってからもう10年位補充されていないと思います。

【樽見鉄道】東大垣駅乗車券(補充券)

20140526_01.jpg
(画像をクリックすれば、拡大します)

樽見鉄道 東大垣駅乗車券(補充券)です。

国鉄時代に合理化で閉塞扱いを停止していた東大垣駅ですが、樽見鉄道転換時に再度閉塞扱いを開始しています。同時に乗車券発売も再開されました。主に補充券が使用されています。

その後、自動閉塞導入に伴い東大垣駅は再度無人化となりました。

【樽見鉄道】大垣駅乗車券(JR印発券)

20140524_02.jpg

樽見鉄道 大垣駅乗車券(JR印発券)です。

JR印刷発行機による社線相互発着券です。元々は硬券でしたが、その後機械化されています。社線用のため、発駅の上部と経由欄に「樽見鉄道」の文字があります。国鉄時代から印刷発行機による社線券は存在していますが、JR券となるとそれ程多くないと思っています。

【樽見鉄道】大垣駅乗車券(JRマルス券)

20140524_01.jpg

樽見鉄道 大垣駅 乗車券 (JRマルス券)です。

樽見線は国鉄時代に「樽見鉄道」に転換しています。大垣駅の構造上、社線部分を完全に分離するのは難しく現在でも共同使用駅となっています。

現在では自動券販売機でも社線乗車券を購入できます。第三セクター転換当初から国鉄・JR窓口でも社線単独券を発売しています。すでに普通乗車券のJR線連絡運輸は廃止となっていますが、大垣発の社線券は現在でもマルスで購入可能です。

【広島電鉄】 広電宮島駅 金額式乗車券

20140523_02.jpg
 
20140523_01.jpg
(裏面)

広島電鉄 (広電)宮島駅 金額式乗車券です。現在は広電宮島口駅に改称されています。

インク式時代に発行された乗車券の一部に裏面印刷がある券が存在しています。これには幾つかのパターンが存在しているようです。

裏面印刷の存在は、軌道線車両での集札は直接運賃箱に乗車券を投入していました。このとき、券面が裏側になれば券面内容を確認することができませんが、少なくとも電車乗車券であることまでは判断できます。最小限のコストで自社券である事を証明するための仕組みでした。

【広島電鉄】 広電五日市駅 金額式乗車券

20140521_02.jpg

広島電鉄 広電五日市駅 金額式乗車券です。

駅窓口で普通乗車券の発売を行っていた時代の券です。現在でも広電五日市駅、駅窓口は残っています。主に電車・バスの定期券(PASPY)を取り扱っています。

実際問題として一部時間帯に到着時の集札などをおこなっていました。ホーム入場時に改札を実施しておらず、車内(下車時)に現金での直接支払が可能でした。(ホーム設置の整理券発行機から乗車駅を示す証明書を受け取ります)

平成3年には宮島線専用車の高床車が全廃され、車両の運用的には軌道線の延長なりました。その後も常備券の発売は継続していましたが、現在では一部の臨時発売を除いて常備券は発売されていません。

【広島電鉄】宮島競艇用 相互式券

20140521_01.jpg

広島電鉄 宮島競艇用 相互式券です。

広島電鉄には競艇場前駅(臨時駅)があり、以前は宮島競艇にて乗車券(乗車票)配布サービスを行っていた時期があります。田尻駅は現在の広電阿品駅です。

通常の普通乗車券はすでに金額式へ移行した後の券です。宮島線の乗車券は3kmまでが初乗り運賃になるため、広電宮島発の運賃キロ計算から計算した場合、田尻(広電阿品)駅よりも先の阿品東駅まで運賃同額となります。そのため通常券とは完全に区別できます。

【広島高速交通】大塚駅 矢印式券

20140525_02.jpg

広島高速交通 大塚駅 矢印式券です。

当時は複数の地紋色を使用していました。どの駅が何色を使用していたのか、残念ながら資料が手元にありません。

大塚駅の利用客数は大幅に落ちているようです。駅近くから広島高速を経由して、JR横川駅、広島バスセンターまでのバス便が数分~10分程度の間隔で運行している影響だと思っています。

【広島高速交通】長楽寺駅 矢印式券

20140525_01.jpg

広島高速交通(アストラムライン) 長楽寺駅 矢印式券です。(初期券)

この券はアストラムラインカード(磁気プリペイドカード)で購入した券になります。

初期の券は発駅別に数種類の地紋色が用意されていました。縦型の券を採用した数少ない事業者です。開業当初から全駅に自動改札を導入済みで手集札になるケースは殆ど無かったと思っています。現在では地紋色を1色に統一しています。

アストラムラインカードの利用は平成23年度に終了しています。現在は払い戻し対応のみです。払い戻しすると原券は回収されるので残額が少し残っているカードはそのまま残しています。

アストラムラインカードはバスカードとの共通運用で当面は払い戻し期限を決めない方式で対応していました。広島交通の場合、平成26年4月1日より本社またはバスセンター以外での払い戻し対応を終了しています。未使用のカードが出てきたときは、カード画像をスキャンして払い戻しを行いました。

【水島臨海鉄道】水島駅 乗車券(旧券売機券)

20140516_01.jpg

水島臨海鉄道 水島駅 乗車券(旧券売機券)です、

現在の有人駅は倉敷駅と水島駅です。水島駅では券販売機導入後は自社線内@常備普通乗車券の発売がありません。

窓口の機能としては、定期券・回数券・他社線委託乗車券発売などがあり、他社線の事例として、下津井電鉄の乗車券を2014年4月30日まで発売していました。(主に高速バス、リムジンバスなどの乗車券)

水島臨海鉄道が下津井電鉄の乗車券を取り扱いした経緯について資料が手元にないため想像ですが、当初予約発券が必要な乗車券の取り扱い窓口を増やしたい下電と発券手数料で増収を目指した水島臨海側、双方にメリットがあったと思っています。

インターネット予約、コンビニ発券が充実した現在では、利用者が殆ど居なくなったと思っています。

【JRバス四国】大栃線 龍河洞駅乗車券

20140512_04.jpg

JRバス四国 大栃線 龍河洞駅乗車券です。

当時の龍河洞駅は地元の観光協会へ乗車券発売を委託していました。(バス駅としての機能はありません)国鉄バス時代に一部の停留所で自動車線内相互発着乗車券の再委託発売を行っていた駅があります。

この券は旅客鉄道時代の券です。乗車券の発行は美良布駅(バス駅)発行扱いとなっています。同様の券が土佐山田の駅売店でも発売されていました。

当時の大栃線ですが、国鉄時代と比較した場合、路線規模は縮小していましたが道路事情の良くない支線もまだ残っており、2型車(小型バス)の配属がありました。私が旅客鉄道バスで2型車を見かけたのはこの線だけでした。

【JRバス九州】山鹿自動車営業所 回数券

20140512_03.jpg

JRバス九州 山鹿自動車営業所 補充回数券です。

九州旅客鉄道直営時代の券です。国鉄時代には山鹿と菊池にバス駅があり、路線規模もそれなりに保っていました。バス会社分離前にバス駅の無人化などを実施したようです。末期は営業所で回数券・定期券の発売を行っていました。この時代になると、熊本県内共通回数券制度が実施され、主に金額式の紙券が使用されています。(TO熊カード普及に伴い、現在は紙券での各社共通運用は停止しています。)

この時は、旅客鉄道と同じ回数券も用意しているとのことで、最低区間で発券してもらっています。(通常は有効期間のない共通回数券を発売するとのことでした。)平成18年にJRバスとして山鹿線から撤退、山鹿支店(旧 山鹿営業所)も閉店となりました。

【JR北海道】島松駅 硬券入場券(160円券)

20140512_01.jpg

20140512_02.jpg

JR北海道 島松駅 硬券入場券(160円券)です。

JR北海道では一部の駅で硬券入場券を発売しています。消費税改定で170円券も登場したようです。

現行の硬券入場券は事実上の記念入場券のため、規則との整合性がないこともあるとは思います。入場券の2時間制限を実施したとき、時間制限を裏面に印刷した券があったとの事ですが、正直よくわかっていません。

この券は百貨店のイベントで鉄道部品などを扱う業者が即売していた券です。見た目は真券に見えるのですが、本物かどうかまでは不明です。偽造券とは思えませんが、見本券や廃札などを合わせて販売していたので、テスト的に印刷した見本券に偽日付をいれたものか?本当に駅で販売されたものか? 疑いだすとキリがありません。

【国鉄】江差線 中須田駅(簡易委託券)

20140511_01.jpg

国鉄 江差線 中須田駅(簡易委託券)です。

本日限りで江差線、江差~木古内間が廃止になります。運転扱いのある、湯ノ岱駅・江差駅以外は無人化されています。国鉄時代は中須田駅などの一部の駅が簡易委託扱いで乗車券を発売していました。

北海道内の簡易委託券の内、主に昭和50年代頃から簡素化された様式券を使用する駅が登場しています。区間が印刷された常備券もありましたが、使用量が少ない区間では補充回数券の様に区間、金額を補充する券も存在しています。この様式券はJR移行と共に使用されなくなりました。

(JR移行直後には国鉄時代の上記残券で対応した簡易委託駅もあるようです。)

【水島臨海鉄道】倉敷市駅入場券(無金額初期券)

20140502_07.jpg

水島臨海鉄道 倉敷市駅入場券(無金額初期券)です。

水島臨海鉄道では硬券入場券を発売していました。本来なら入場料金の表示があるのですが、この様式券から金額印刷が省略されるようになりました。

料金改定の都度新券を作成しておらず、料金変更(運賃変更)のゴム印があれば元の表示金額が無意味なり、省略してしまったのか?少々謎がある券です。

【水島臨海鉄道】車内乗車券(金額式旧券)

20140502_06.jpg

水島臨海鉄道 車内乗車券(金額式旧券)です。

キハ20形まではワンマン対応機器がなく、必ず車掌乗務になっていました。キハ20形以降の新型車はワンマン対応型になりましたので車掌乗務列車は激減しています。(土曜・休日ダイヤでは車掌乗務列車がないこともあります)

このサイズに変更された後も、金額式に移行するまでは各駅名が印刷されていました。この様式に変更されたとき、単純な金額表示のみとなりました。鉄道券としては異例かも知れませんが、バス用には金額のみ表示した単純券がそれなりに存在しており車内精算業務(発券業務)の簡略化だと思っています。

【水島臨海鉄道】倉敷市駅 入場券(券売機券)

20140506_02.jpg

水島臨海鉄道 倉敷市駅 入場券(券売機券)です。

この時代だと窓口でも硬券入場券(金額表示なし)を併売していました。旧券販売機券(インク式)は主に無地紋券を使用していました。感熱方式に変更後、自社地紋券(初代)が登場しています。

5月12日から「キハ37、38、30形式」の運転が開始されます。これで同社のキハ20形定期運用が消滅することになります。最初に水島臨海鉄道へ訪問したときは、ほぼキハ20形に置き換えされた後でした。

後に倉敷貨物ターミナルにて倉庫代用で放置されていたキハ35(元国鉄キハ10)を見かけたときは、不思議な感じでした。(すでに解体されたと思っていました)キハ20形に関しては保存計画などもあるようで、今後の動きに注目したいと思っています。

【JR西日本】大阪駅 開業記念模擬券

20140506_01.jpg

JR西日本 大阪駅 開業記念模擬券です。

【雑談】
GW中に不要品を整理していたら「がらくた」が沢山出てきました。正体不明なフロッピィディスクとか、2DD規格でWindowsから中身が見えない状態です。パソコンで2DDを使用するマシンなど既に手元無くワープロで使用していたものかも知れません。親父が富士通OASYSを使用してたのでこれの残骸かと思っています。

手元にあるまともなPCは激安中古のWindwos7が1台だけです、いつ故障するのか?なので、もう1台激安中古PCを購入してセットアップしてました。15000円なのでインターネット閲覧やこのblog更新程度には使えると思っています。試しにWindowsXPをAHCIモードでインストールしようとしたら・・・セットアップ中にF6キーからドライバーを入れたつもりが該当するチップセットがない?まさか↑キーで選択するとは。これ、はまりますよ。

その後、Windwos7をセットアップしてvmplayer6をインストール、テストでWindows98をいれてみたらUSB-FDDからシステムブートができない。これvmplayerの制限なんですね。ブートFDを仮想化してからインストールしたらOKでUSB-FDD製造元のホームページからWindows98ドライバーを用意してインストール。これで物理FDを仮想化したWindwos98からアクセス可能になりました。

予備機があるといろいろと実験できますのである意味楽なんです。XPで使用していたPCはSocket 478 Pentium 4(Prescott)NXビット非対応のため、vmplayer4以降が使用できません。(intel865系のグラフィックチップだったのでWindows7も本来対応していません。XP用のWDDMドライバーを強引にインストールすることで一応稼動しています。)

FDDなどの過去の遺産は現代のWindwosから徐々に排除されているようです。

【青い森鉄道】八戸駅 JR用乗車券

20140502_04.jpg

20140502_05.jpg
(青い森鉄道 IGR直通列車盛岡ゆき 2012年6月撮影)

青い森鉄道 八戸駅 JR用乗車券です。

八戸駅の在来線側の改札(出札)は青い森鉄道に委託されており、在来線側は入場券を含め青い森鉄道様式にて発行されています。入場料金に関しては消費税改定対象ではなく、旧料金の140円まま据え置きされています。なお青森駅では社線入場券の設定がありません。

4/30にて八戸駅の駅弁業者「ニュー八」が事業停止(破産申請の方向)した模様です。新幹線が新青森まで延長され、乗降客が減少した上に複数の業者が参入している駅だったので相当厳しい状態だったと思います。(東奥日報Web版より)

【いわて銀河鉄道】盛岡駅 JR発行乗車券

20140502_01.jpg

20140502_02.jpg
(一ノ関駅からIGR線への直通列車)

20140502_03.jpg
(盛岡駅 2012年6月撮影)

いわて銀河鉄道 盛岡駅 JR発行乗車券です。

通常の列車は自社ホーム(IGR駅舎側)から発着しています。一ノ関方面からのJR直通列車はJRホームにて客扱いを実施しているため、JR側駅舎でも社線内相互発着券を発売しています。

写真の列車はIGR直通のいわて沼宮内ゆき(現行1523M盛岡7:53発)です。この列車以降はすべてIGRホームから発車しますので、JR発券での乗車券はそれ程多く使用されていないと思っています。

いわてデスティネーションキャンペーン@イーハトーブいわて物語開催中でしたので、キャンペーンキャラクター「わんこきょうだい」が貼り付けされていました。さらに盛岡駅では期間限定のご当地駅メロディー「わんこきょうだいのうた」が使用されていました。
今思えば印象に残りすぎる強烈なメロディーです。

【鹿島鉄道】鉾田駅 金額式乗車券(印発券)

20140501_01.jpg

20140501_02.jpg
(鉾田駅ホーム跡 2012年6月撮影)

鹿島鉄道鉾田駅 金額式乗車券です。

鹿島鉄道では印刷発行機が導入されていました。
廃線後、2012年に現地訪問しています。鉄道側の駅舎は解体され現存していません。ホームとレールの一部が残されていました。旧鉄道駅に隣接している関鉄グリーンバス 鉾田営業所では回数券・定期券を発売しています。

このとき、かしてつバス(関鉄グリーンバス)に鉾田駅から石岡駅まで乗車しました。石岡駅側の一部廃線跡はバス専用道として整備されています。小川駅の跡地ですが、現在リフレッシュ工事中のようです。今月下旬には新バスターミナルとして再開する予定です。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する