【阪急】池田駅入場券 40円券(自販券)

20150329_01.jpg

阪急 池田駅入場券 40円券(自販券)です。
阪急の入場券ですが30円券までは常備券を使用していたようです。40円券から自販券が導入されています。

実際問題として当時の状況を詳しく解説した資料が手元にないため、どれだけの例外があるのか?と思う事もあります。実券ベースに記事を作成していますが、本当にわからない事も山の様にあったりします。

今まで40円券以上の常備券を見たことがありません。小児20円券は実在していたようです。(昭和48年大人30円券時代)。この時代の小児乗車券は5円単位での端数処理を行っていた時代です。どうしてこのような券が登場したのか?手元の資料ではお手上げ状態だったりします。

【JR西日本】大阪駅京福(福井)連絡券

20150328_01.jpg

JR西日本 大阪駅京福(福井)連絡券です。

当時は福井接続で京福電鉄への連絡乗車券が発売可能でした。この券は三国港への連絡券です。三国港が無人化されていた時期の券で社線側からの連絡券発売はありません。券面(経由欄)に京福の文字がなく一見して社線連絡券には見えないかも知れません。

三国芦原線の連絡対象駅ですが、JR連絡券に関して常備券が無い状態で補充券による発売もありませんでした。京福では勝山駅以外事実上JR連絡券を設備していない状態です。(永平寺駅に関しては少々?な対応だったので詳細は不明です)

【京都市交通局】京都駅 精算券

20150325_01.jpg

京都市交通局 京都駅 精算券です。

精算券(票)で前途乗車することは一部の例外を除いて無さそうです。
一般的には不足運賃を精算後、そのまま出場する(自動改札へ投入する)だけなので、原券情報などの詳細は記載しないようです。この券には「通用発売当日限り」の印字があります。京津線(京阪)券では発売の文字はなく、「通用当日限り」となっており京津線券の方がすっきりしている感じがあります。

【京阪】上栄町駅 精算票

20150324_02.jpg

京阪 上栄町駅 精算票です。

時間帯により、無人駅扱いになる上栄町駅です。京津線の駅には自動精算機が設置されています。精算額の表示はなく非常に簡素な様式です。

湖都古都・おおつ1dayきっぷ、値上げです。消費税増税時は据え置きでしたが、4月1日から20%upとなります。(新価格600円)同様に京都地下鉄・京阪大津線1dayチケットも10%upになります。(新価格1100円)

大津線と言えば、 ラッピング電車の運行です。
「ちはやふる」と「中二病でも恋がしたい!」 ラッピング電車の運行期間延長の情報が公式ホームページで公開されています。 「けいおん!」に関しては延長情報がなく、このまま平成27年3月31日で終了すると思われます。

「けいおん!」ラッピング投入後、現場は少々ビリビリ状態だったかも知れません。撮影者が通常より確実に増加している感じで、それに伴う問題発生があったかも知れません。記念券に関しては初期段階で駅窓口で完売することができず、最後は自社のインターネットサイトで販売(通信販売)を行っていた様です。発売額が3000円と記念券としては少々高すぎたのかも知れません。

【三岐鉄道】開業70周年記念乗車券

20150323_01.jpg

20150323_02.jpg

三岐鉄道 開業70周年記念乗車券です。

昨日の記事でウィステリア鉄道を取り上げていますが、元々開業70周年記念行事の一環として平成13年にウィステリア鉄道が開設(設置)された経緯があります。

6枚組の硬券セットです。内3枚は複製品(記念品)として付属しています。乗車券としては3枚分合計金額700円が発売金額となります。

複製品の入場券は 萱生駅分です 萱生駅に関しては 2013-04-12の記事に詳細があります。

【三岐鉄道】西藤原駅入場券(100円券)

20150322_01.jpg

三岐鉄道 西藤原駅 入場券(100円券)です。
現在は170円券(新券)に置換されているようです。

中日新聞で知ったのですが(三岐鉄道公式ホームページにも終了情報があります)西藤原駅で運行していたウィステリア鉄道(ミニSL・ミニ新幹線)の運行が平成27年3月29日で終了するとのことです。

新聞報道では主な原因として車両・設備の老朽化とのことです。ウィステリアとは英語で藤の花のことで、旧藤原町(現いなべ市藤原町)にちなんだネーミングです。駅前公園に設置されている保存機、蒸気機関車E102号機などはこれからも継続して公開するとのことです。

【JR西日本】高岡駅 キレート式乗車券

20150321_01.jpg

JR西日本 高岡駅 キレート式乗車券です。

国鉄時代の自動券販売機券といえばキレート式乗車券です。JR移行後もしばらくの間はそのまま使用されていました。感熱式とは異なり、印刷原版が必要なため感熱式が普及すると一気に淘汰された感じです。

北陸新幹線開業であいの風とやま鉄道では3月26日(予定)からICカード(ICOCA 全国相互利用カード)のサービスがスタートする予定です。城端線、氷見線では当面ICカードのサービスがないため、高岡駅にてICOCAで入場した場合、社線のみ利用のパターンになります。

【JR西日本】宮島駅 POS入場券

20150319_01.jpg

JR西日本 宮島駅 POS入場券です。

JR航路単独駅(港)としては唯一の存在だった宮島駅です。JR直営時代は硬券やPOS端末から発券した入場券が存在していました。POS端末では宮島駅となっています。国鉄硬券入場券などでは「宮島営業所」発行の表記もあったようです。

しばらく更新を休みます

少々ドタバタしていまして、記事の準備ができない状態が続いています。
北陸新幹線開業もテレビでニュース映像を見ただけ、平行在来線転換の情報は・・・

今回の北陸新幹線で1度に3社転換開業、4月には四日市あすなろう鉄道も開業することになります。さてどうなることやら。

【宮島フェリー】宮島口 さんばし入場券制度

20150302_11.jpg

20150302_11y.jpg

20150302_11x.jpg

宮島フェリー 宮島口 さんばし入場券制度を考えてみます。

現状、さんばしへの入場券制度はありません(入場券そのものがありません。)
JR直営時代は宮島でPOS端末より入場券が発行できたのですが、分社化後は制度そのものがない様です。(運送約款に記載がありません)

宮島口さんばしの場合、改札業務をおこなっていません。改集札は全て宮島にて実施しています。宮島フェリーには入鋏印がなく、さんばし側では駅名小印で対応しています。宮島側では駅名小印は既になく証明するものがないとのことです。
青春18などを宮島フェリーから使用開始する場合、鉄道線の宮島口駅で入鋏印を入れるとの事でした。

この運送約款ですが、船舶の場合客室内に設置する必要があるようです。内容は基本的な事しか記載されていません。JR線の連絡区間(範囲)などは別の細則等になるようです。

【宮島フェリー】宮島口 航送用券販売機

20150302_01.jpg

20150302_01x.jpg

宮島フェリー 宮島口 航送用券販売機券です。

主に自動車航送用の券を発売しています。普通乗船券もこの券売機で購入できます。乗用車の場合、運転者1名分の運賃がふくまれていますが複数人の場合、別途普通乗船券が必要です。そのためまとめ買いが出来るようになっています。(1回の操作で大人3名分同時購入が可能です)

一般的なフェリーの場合、桟橋係員がハンディPOS端末などを使用して、乗用車1台単位で航送券と乗船券を1葉で発券している社もあるようです。

【スカイレール】みどり坂線みどり中央駅乗車券

20150226_02.jpg

スカイレール みどり坂線 みどり中央駅乗車券です。

スカイレールですが、正確には「スカイレールサービス株式会社」です。現在でも通勤、通学需要のある鉄道(軌道)線で自社のホームページがない会社の一つです。

※虫歯でまた1本、週末ガリガリやってきました。最初は中程度の診断でしたが・・・歯の中で虫歯が大きくなっているとかでまた銀歯。本業も少々忙しい状況なのでこれから先、更新タイミングが遅れる可能性があります。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する