【京阪】京阪特急 プレミアムカー導入

20150930_01.jpg

京阪 京阪特急 プレミアムカー導入へ

本日の公式発表で京阪特急にプレミアムカー(指定席車)を導入することが発表されました。公式発表URL https://www.keihan.co.jp/info/upload/2015-09-30_premium-car.pdf

2017年度までに8000系の6号車を改造して指定席に変更します。料金券の価格や発売方法はこれから決めるとの事です。

上記の写真は特に意味がありません。適当な写真が無かったのです。
- 以下戯言 ------------------
指定席改造期間中は1両減車して7両で運用するらしいです。8000系登場当時は7両でした。運転間隔を15分サイクルから10分サイクルに変更、ノンストップ特急も運用廃止で半分急行化した特急に乗客が集中している状態での減車・・・ 
大阪-京都 昼間片道 特急8両x6本=48 旧ダイヤ特急7両x4本+急行7両x4本=56
トータルの輸送力では減少しています。これは新快速に負けた特急と混雑の激しい急行を統合した結果なんです。

現状、京都への観光客が増加している。JR京都駅から東山エリアへのアクセスに難がある(これから先の観光シーズン、市バスはカオス状態になります。)

ダイレクトで東山エリアにアクセスできる京阪特急の利用客が増加していることから指定席車を設定しても新設備に投資した資金を回収できると考えたのでしょう。

【東京臨海新交通】青海駅 金額式乗車券

20150929_01.jpg

東京臨海新交通 青海駅 金額式乗車券です。

東京臨海新交通は平成10年 4月、社名を「株式会社ゆりかもめ」変更しています。この乗車券は旧社名券です。

自社地紋(字模様)にゆりかもめのロゴが使用されています。この券紙、一部だけアクセント的に白抜きになっていないロゴ(白いゆりかもめ)があります。
用紙の調製時期により白いゆりかもめの設置位置が異なっています。現在の横切り券(領収書発行可能機)で領収書などを発行すると旧券との違いが分かると思います。

【JR西日本】近鉄委託桜井駅金額式軟券乗車券

20150928_01.jpg
20150928_02.jpg

JR西日本 近鉄委託 桜井駅 金額式軟券乗車券です。

最初期の大型常備軟券です。この券は硬券印刷終了後の代替として簡易委託駅、私鉄委託駅に設置されました。近鉄桜井駅も当時は改札分離前でJR常備券を発売しています。

大阪印刷場の場合、ごく一部の簡易委託駅で小型軟券を採用した駅もありました。私鉄(近鉄、南海)に委託した券はこの大型軟券に移行しています。一部の券には裏面に(ご案内)があり、補充片道券と同じ内容が印刷されています。
裏面の印刷がある券は近鉄鶴橋駅に委託した券にも存在していました。

「○社」記号、私鉄側の窓口番号などの記号類に統一性がありません。印刷(調製)時期により異なる券が存在しています。

【JR西日本】近鉄委託鶴橋駅金額式軟券乗車券

20150927_01.jpg

JR西日本 近鉄委託 金額式軟券乗車券です。

09 鶴橋駅発行=近鉄東改札口発行の乗車券です。この券で近鉄東口から近鉄構内(連絡改札)を通過してJR線に乗車しています。その為、近鉄入鋏印(旧印)が捺されています。

東口にはJR対応の自動機が設置されていませんでした。当時の近鉄窓口では大阪環状線内190円区間までの券を設備しています。元は硬券でしたがJR西日本大阪印刷硬券印刷終了後に軟券化されています。初期券は様式が不安定で短期間で幾つかのバリエーションが発生しています。

【近鉄】築山駅 駅名標(新型設置)

20150926_01.jpg
(築山駅 2015年9月撮影)

近鉄 築山駅 駅名標(新型設置)です。

近鉄の小駅ですが、窓口の営業時間が短縮されている駅が増えています。
築山駅も始発から午前10時まで無人駅になりました。この写真を撮影したのは午前9時30分です。

20150926_02.jpg

駅員不在のお知らせ。近鉄の場合、公式ホームページに駅員配置時間の掲載がありません。某市議が駅員配置時間の情報提供を請求したらしいですが近鉄側は放置したようです。駅員配置時間は基本的な情報だと思うのですが、何故か駅の掲示類を除いて一般に公開していません。

20150926_03.jpg
20150926_04.jpg

一部の駅で新型駅名標の更新が始まっています。五位堂駅の様に全て新型に置換された駅もあれば、築山駅の様に一部だけ交換(塗り替え)した駅もあるようです。

【近鉄】中菰野駅 乗車票

20150925_01.jpg

20150925_02.jpg
20150925_03.jpg

近鉄 中菰野駅 乗車票です。

平成24年に実施された湯の山線無人化対応で菰野駅まで自動改札が導入されました。中菰野から先、大羽根園、湯の山温泉の各駅は自動改札未導入です。

元から無人駅だった大羽根園駅はそのままの状態で、中菰野駅からは自動機が撤去されました。代わりに乗車票発行機が設置されています。中川原駅から菰野駅間で下車する場合、桜駅を除き全て遠隔操作の無人駅ためインターホンで係員を呼び出し精算機の遠隔操作が必要になります。

車内にも簡易的な運賃箱が設置されていますが何故か中菰野駅からの運賃表示がありません。大羽根園駅は表示があります。ワンマン運転を開始したときから表組を替えていない状態です。

【近鉄】佐味田川駅 矢印式乗車券

20150924_01.jpg

20150924_04.jpg
20150924_03.jpg

近鉄 佐味田川駅 矢印式乗車券です。

佐味田川から西田原本方面260円区間の場合、西田原本・石見・笠縫の各駅が運賃同額となります。西田原本駅の自動改札で橿原線乗継券と区別するために自動機のボタンが2つに分かれています。通常の260円区間ゆきは金額式になりますが、西田原本着券は矢印式になります。

時々、田原本駅の改札に乗車券が放置されていることがあります。例えば橿原神宮前から田原本、黒田の各駅は260円です。橿原神宮前から260円区間の金額式だと田原本駅の自動改札は乗車券を回収しません。自動改札に乗車券を放置した場合、回収する機能があるらしいですが次の乗客が磁気定期だと2枚共取り出し口に出てきます。そのため、定期客が不要な券を自動改札周辺に放置することがあるようです。

信貴山下駅だと王寺、大輪田共150円区間なのでボタンが2つに分かれていますが、全ての駅で厳密にボタンを分離しているようではないです。

【近鉄】佐味田川駅 旧型自動機撤去

20150923_01.jpg

近鉄 佐味田川駅 旧型自動機撤去です。

最近、近鉄では旧型の自動機(青色のボタン式の券売機)の更新が進んでいます。
佐味田川駅の場合、2台設置から1台撤去されました。上記の券は旧型機で購入した乗車券です。旧型機には入場券専用ボタンが設置されていますが、すでに購入できないように設定されていました。

20150923_02.jpg
(佐味田川駅 青色のボタン式の券売機 2015年8月撮影)

20150923_03.jpg
(佐味田川駅 2015年9月撮影)

撤去後の跡地にはステンレス製の板が設置されました。
左の新型機は近鉄自社地紋(字模様)券が発行されるため、旧型機撤去前は1駅で2種類の地紋券が購入できました。

【四日市あすなろう鉄道】まもなく営業運転開始Ⅱ

20150922_01.jpg
(内部駅 2015年9月撮影)

四日市あすなろう鉄道 まもなく営業運転開始Ⅱ
9月27日から営業開始する新車両を再度見てきました。今度は内部駅の側線で点検作業を実施していました。

20150922_02.jpg

点検や運用の都合で使用する列車の入替(交換)を昼間に行うことがあります。今回は3編成の並びを撮影することができました。(四日市あすなろう鉄道には5編成14両が在籍しています。)残りの2編成は八王子線運用分と内部方面に走行している列車です。

入替の際、普段は新車が留置されている側線を使うことが多い様です。今回は中線に入線しました。中央青色の編成にある、ピンク色の中間車がサ123です。9月27日でサ123の運用が終了(引退)します。当日は記念入場券や記念品の販売があるようです。詳細は四日市あすなろう鉄道の公式ホームページに公表されています。

夏休み期間中にサ123を抜いて2両編成で運行していた列車があります。この時期、抜いたサは全検を実施しています。今年のサ123は内部車庫の側線に留置されていました。休車扱いにして検査期限を延ばし9月27日から営業開始する新車(サ181)に引き継ぎするようです。

サ123ですがパッチワーク塗装の上からも錆びが出ている状態でかなり傷んでいるようです。三重交通時代から通算すると65年近く運用している計算になります。1985年の近代化工事の際、中間車化され側面以外、原型は残っていません。近代化の際、車内に化粧版を設置するなど工事が実施されたため、昭和20年代の車両とは思えない状態です。

【四日市あすなろう鉄道】まもなく営業運転開始

20150919_02.jpg

20150919_01.jpg
(内部車庫 市道より撮影 2015年9月)

四日市あすなろう鉄道の新車ですが、9月27日から営業運転を開始します。
すでに新運転が開始されたようですが、この写真の撮影当日は内部車庫で機器の調整をおこなっていました。写真は内部駅のホームからと駅舎近くの市道から撮影しています。

この記事は2015-09-01 【四日市あすなろう鉄道】夏休み ナローゲージスタンプラリーの補足記事です。

【東武】新藤原駅 野岩鉄道管理自販券

20150918_01.jpg

東武 新藤原駅 野岩鉄道管理自販券です。

新藤原駅は野岩鉄道が管理しています。東武線着の近距離券の場合、当時は野岩鉄道の券売機で対応していたため、緑色のPJR地紋を採用していました。

この様式、野岩鉄道の東武連絡券と同じ様式です。連絡券の場合、新藤原の上に野岩鉄道の発駅、右側に合計運賃が印字されます。新藤原駅の券売機は撤去され現存していません。

【野岩鉄道】会津高原駅 金額式乗車券

20150917_01.jpg

野岩鉄道 会津高原駅 金額式乗車券(自販券)です。

会津高原駅(現在の会津高原尾瀬口駅)は元々野岩鉄道管理駅でした。現在は会津鉄道の管理駅で自動機を撤去後は窓口端末から乗車券を発行しています。

先日の豪雨で野岩鉄道は本日まで全線で運行を停止していました。明日午後から新藤原・上三依塩原温泉口で運転を再開する予定です。19日、土曜日より全線での運転を暫定ダイヤで運行する計画です。
上三依塩原温泉口・会津高原尾瀬口間はまだ電車の運転ができない状態で会津鉄道のディセールカーが代走します。AIZUマウントエクスプレス(AIZU尾瀬エクスプレス)で実績があったからできる代走だと思います。代走本数は1日6往復で早朝・夜間の運転はありません。

【京急】新逗子駅 矢印式乗車券(感熱)

20150913_04.jpg

京急 新逗子駅 矢印式乗車券(感熱)です。

京急自販券の場合、着駅が1方向のみになるとき、感熱片矢印式を発売していたことがあります。手元には感熱相互式券はありません。

京急硬券の場合、片矢印式、両矢印式、相互式が混在していました。片矢印式と相互式が混在することは乗車券の様式を考えるとき、乗車券の効力に差が発生することです。相互式の場合、そのままで復路(発駅と逆方向)での使用が可能です。往復の代用のゴム印を使用する場合、片矢印式と相互式では効力に差が発生しません。

個人的には大手私鉄の近距離券で片矢印式と相互式を混在させても使い分けを意識しているとは思えないです。過去の券を次回請求見本としてそのまま様式を使いまわした結果、混在してしまった可能性があります。

例外的に自販券で復路ゴム印を使用する私鉄も少数あったようです。(自動改札だと復路分は自動改札を通過できないのでこのような取り扱いを行っている社はもうないかも知れません)

【京急】ウィング号 着席整理券(硬券)

20150913_03.jpg

京急 ウィング号 着席整理券(硬券)です。現在では券売機発行で乗車時に整理券は回収しています。ウィング号は登場当時から品川発の設定しかありませんでした。平成27年12月5日ダイヤ改正で12月7日から上り「モーニング・ウィング号」が登場します。
上りウィング号に関してはウィング号登場当時から色々と話があったようですが今まで実現できなかったようです。上り設定は1日2本、通勤ラッシュのピーク時に品川到着は無理だったようです。モーニング・ウィング2号は泉岳寺ゆきになります。

下りは上大岡より終着駅まで着席整理券なしで乗車可能です。モーニング・ウィング2号品川→泉岳寺間の利用に関して京急公式ホームページでは何も案内がありません。(上りに関して品川駅では着席整理券の発売は行わない様です、品川から先一般車解放するとも記載されていません)

12月7日から着席整理券の料金が改定され200円から300円に値上げとなります。JR東日本(首都圏ホームライナー料金)は 510円なので今までが少し安いと思っています。

【京急】汐入駅 金額式乗車券

20150913_02.jpg

京急 汐入駅 金額式乗車券です。

この券にも「○多」(多機能)記号があります。手元の券では印版式から感熱式へ移行後「○多」記号は省略されています。
京急も硬券時代から金額式と矢印式が混在していることがありました。感熱方式へ移行した当初は両矢式の自販機券が存在しています。

印版方式で自社線内相互券の場合、金額式以外の券を見かけたことがありません。(都営、京成連絡券なら片矢式があるようです)

【京急】金沢八景駅 国鉄連絡乗車券

20150913_01.jpg

京急 金沢八景駅 国鉄連絡乗車券です。

紙ヤケが酷く殆ど地紋(字模様)が殆ど残っていない状態です。この年代の券で乗車券の券面内容が読み取れるだけマシな方だと思います。

2013-08-24 に【京急】泉岳寺駅 金額式乗車券を取り上げています。この券は単機能式券で「○単」の記号があります。
上記の連絡券は「○多」の記号があり、複数の口座が発売できる自動機(多機能式)から発行されています。

多機能式の自動機に対して「○多」の記号を使用している社は京急以外に思いつきません。

【JR東日本】新宿駅乗車券(京王管理)

20150911_01.jpg

JR東日本 新宿駅乗車券(京王管理券)です。

京王側の西口出札は社線側が管理しています。この券は「京王帝都」時代の旧地紋券です。平成元年にCIを導入後、新様式の乗車券から「帝都」の文字が省略され、地紋(字模様)も変更されています。

手元の券を見ていると硬券に関しては平成2・3年頃から新地紋(KEIO)に移行している感じがあります。 公式ホームページ「京王電鉄50年史」には記述がないため、自動機用の券に関して一斉に切り替えしたのか在庫の旧券を使い切ったのか?理解できていない状態です。

【黒部峡谷鉄道】宇奈月駅 端末券

20150910_01.jpg
20150910_02.jpg

黒部峡谷鉄道 宇奈月駅 端末券です。

この様式が登場した当時は85mm券で発行していました。ところが平成26年から乗車券、整理券、入場券以外の料金券は120mm券で発行しています。

復路の乗車整理券はありません。草薙駅から乗車する場合、「窓なし自由席」=普通車を含め全て列車(車両)の予約ができません。乗車当日余席がない限り乗車できないルールになっています。

草薙駅で下車した場合、草薙温泉以外特に観光地も無く一部の列車は通過しています。乗降客数が多くないため、通常時は問題ないと思っています。草薙駅で普通車の定員がオーバーした場合、普通車の車掌席を解放することがあります。特別車側でもドア扱いができるので、車掌が移動して対応しています。

それでも定員がオーバーする場合、工事列車の座席を解放します。(ここまで極端に混雑することは少ないらしいです)
工事列車には現役最古と思われる(1920年代の貨車を改造した客車)ハ形が運用されており、これに乗車するには座席解放を狙う以外方法はありません。

工事列車の座席は全席関西電力が買い取っているため、座席解放時は関西電力から座席を買戻ししています。そのため座席数は厳密に管理しています。(解放があると宇奈月到着直前にホーム上から駅員が一般客の乗車人数を数えます)

関西電力が買取した座席は全額電気料金の発電原価計算に算入可能なための措置だったりします。

【京王】高尾山口駅 金額式乗車券

20150908_02.jpg

京王 高尾山口駅 金額式乗車券です。

感熱金額式券で緑地紋券です。昭和50年代は渋谷、新宿などで黄色地紋を使用した実績があります。手元の通常感熱券で緑地紋券は高尾山口駅しかありません。同時期の高尾山口駅の場合、硬券などでは淡赤系の地紋を使用していたため、発駅識別用ではなさそうです。

一般的に地紋の色を変える理由として、集札時に発売駅の識別を容易にするためなどの理由があるようです。社によっては同一駅(同一券種)でも発行日によって地紋色などを変更することで不正使用を防止する意味もあったようです(※1)。

別の考えでは複数の自動機、端末機がある場合、ある機器のみ専用の用紙を使用することがあります。例えば試験的に導入した機器で専用品を使用する場合識別用に地紋色が異なることがあります。(※2)

※1
関西では阪神、神戸高速などの入場券(阪神の場合20円券まで)で色の異なるA券、B券を用意して使い分けを行っていました。

※2
阪神が導入した窓口用端末で光学複写式端末(東芝製)などの場合、専用品を使用していました。

【京王】聖蹟桜ヶ丘駅 金額式乗車券

20150908_01.jpg

京王 聖蹟桜ヶ丘駅 金額式乗車券です。

京王帝都電鉄時代の旧券で「京王帝都線」の表記がある旧地紋感熱券です。京王券の場合、今まで複数の地紋色を使用していた実績があるようです。昭和30年代の硬券だと緑色系地紋券がありました。昭和40年代以降、金額式が本格的に採用されると主に赤系(淡赤色)の地紋を採用した券が中心です。

※(例外的に感熱券でも緑地紋を採用した券が存在しています)

【近鉄】KNT 鳥羽駅内営業所発行乗車券

20150907_01.jpg
20150907_02.jpg

近鉄 近畿日本ツーリスト 鳥羽駅内営業所発行乗車券です。
改札鋏の使用を取りやめ、入鋏印に変更した券です。(初期入鋏印の使用例)

過去には駅構内にある近畿日本ツーリストで普通乗車券、定期券などを発売していたことがあります。現在は近畿日本ツーリスト名古屋中央支店(近鉄名古屋駅構内)のみ、近鉄端末(磁気定期対応機)が設置されています。

近鉄では今月末(9月30日限り)で定期券の予約発売を終了します。ニュースリリースなどの発表はありませんが、公式ホームページ(定期券発売箇所の案内)に告知文があります。自動機の導入が進んだことから対象駅は大阪線なら青山町駅、南大阪線は道明寺駅、京都・橿原線は桃山御陵前駅、平端駅とそれ程多くありません。影響が大きいのは名古屋線系統で対象駅が7駅あります。

【京阪】フォロー記事瓦ヶ浜2号踏切閉鎖(追記Ⅱ)

20150906_03.jpg
(旧瓦ヶ浜2号踏切跡地 2015年9月撮影)

京阪 フォロー記事 瓦ヶ浜2号踏切閉鎖(追記Ⅱ)

石山坂本線の旧瓦ヶ浜2号踏切跡地ですが、完全に跡形がなくなりました。
そして新設された金網の高さ、従来の高さよりも高くこの場所での撮影は事実上不可能になりました。石山方面の電車の場合、駅停車前なのでかなり減速してカーブを通過します。

20150906_04.jpg

踏切閉鎖のお知らせも撤去され、過去の痕跡を残すものはもう無いようです。

20150906_02.jpg
20150906_01.jpg

「全国“鉄道むすめ”巡り 2015」ラッピング電車を撮影してきました。今度は全員「チケット(ボード)」を持っています。このチケットには地紋があります。このような細かい表現にこだわる大津線(石山坂本線)、京阪鉄道むすめ公式ホームページには未公開の「チケット」タブがありこの先、別の企画・イベントがあるのかも知れません。

石山寺駅のともかさんボード、いたずらがあったようで少し残念な状態になっています。早朝・夜間は無人駅になるので仕方ないのかも知れません。近江神宮前駅のボードも傷んでいるのでそろそろ交換時期だと思っているのですが・・・

【三岐鉄道】北勢線 入鋏印の比較

20150904_01.jpg
20150901_07.jpg
20150904_02.jpg

三岐鉄道 北勢線 入鋏印の比較です。

三岐本線の場合改札鋏が現役です。紙回数券用に入鋏印も設備されています。
北勢線では馬道駅(西桑名方面ホーム)以外の全駅に自動改札が導入され、回数券も磁気券化されています。通常券では入鋏印を使用することは殆どありません。

近鉄時代に使用されていた印は三岐鉄道に譲渡され、西桑名駅は近鉄新様式印。阿下喜は近鉄初期印、東員駅の様に三岐鉄道移管後新規開業した駅には本線と同様の三岐入鋏印が設置されました。そのため、1つの線区で3種類の入鋏印が混在する状態になっています。

東員駅の入鋏印ですが原券は「三岐鉄道1日乗り放題パス」です。使用開始時に入鋏することはありません。ナローゲージスタンプラリー専用スタンプ台紙配布済の印です。

(三岐鉄道1日乗り放題パス発売時に三岐本線の駅では専用台紙の配布がないため、北勢線の駅で受け取ります。このとき2重配布を防ぐために入鋏印を使用していました。)

三岐・四日市あすなろう鉄道 夏休み ナローゲージスタンプラリー

20150901_04.jpg

三岐・四日市あすなろう鉄道 夏休み ナローゲージスタンプラリー 「ナローゲージスペシャルカード」です。対象駅(5駅)すべてのスタンプを集めることでプレゼントされます。一応シークレットカード扱いです。(イベント終了のためopenしました)

カードを頂いた時点で「黒部峡谷鉄道 柳橋駅」付近で撮影した写真だとわかりました。

20150901_11.jpg

「ナローゲージスペシャルカード」に写っている「新柳河原発電所」です。黒部峡谷鉄道沿線でこれだけ特徴のある建物は他にはなさそうです。

20150901_12.jpg

最寄駅は柳橋駅です。時刻表上は通過扱いでも列車交換の都合で運転停車することがあります。一般客は下車できないので車内からの撮影です。

【三岐鉄道】夏休み ナローゲージスタンプラリー(続)

20150901_01.jpg
20150901_02.jpg

三岐鉄道 北勢線 夏休み ナローゲージスタンプラリー景品カード(2枚組)です。

20150901_07.jpg

阿下喜駅で景品を受け取りました。上記の画像は専用スタンプ用紙に捺した引換確認印です。この印、近鉄時代の初期印でかなり古い印です(昭和59年頃?から導入しています)現行印と比較すると一回り大きい印になります。

20150901_09.jpg
20150901_10.jpg

阿下喜駅の場合、近鉄時代に1度無人化され、三岐鉄道移管直後もそのままの状態でした。
近鉄旧印が廃棄されず、よく残っていたものだと思っています。

【四日市あすなろう鉄道】夏休み ナローゲージスタンプラリー

20150901_03.jpg

2015-07-27 【三岐鉄道】夏休み ナローゲージスタンプラリーのフォロー記事です。

三岐鉄道と四日市あすなろう鉄道で開催していた「夏休み ナローゲージスタンプラリー」は8月31日で終了しました。
四日市あすなろう鉄道で配布された景品カードです。撮影場所は日永駅です。

20150901_05.jpg
20150901_06.jpg

今回のスタンプラリーでは新しい駅スタンプが登場しています。

20150901_08.jpg

写真は先に到着していた車体更新車のモ261(内部車庫で撮影)
四日市あすなろう鉄道 同好会さんのFacebookで新車のサ181が本日、内部車庫に到着したとのことです。今度は1ドア車。冷房機器搭載の都合だと思っています。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する