【東武】池袋駅 感熱一般式乗車券

20161229_01.jpg

東武 池袋駅 感熱一般式乗車券です。
この時代、近距離券では金額式を使用しています。その中で一部の口座は一般式を併用していました。

東武池袋駅は社線単独駅ですが、着駅の越生駅はJR管理の共同使用駅です。ICカード共通化に伴い、ICカードで東武側から越生駅に到着した場合、先に社線側のIC簡易改札にタッチしないとJR改札で出場時、誤精算になるとの張り紙があったりします。
ICカードに東武側の越生駅情報がない場合、JR越生駅の改札はノーラッチでの最短経路で運賃を算出してしまうようです。場合によっては小竹向原・北千住経由で算出した運賃を引き落とすことがあるとのことです。

関西圏だと実利用がないと思われるルート、京阪大津線・近鉄京都線(地下鉄経由)などはICカード乗車対象外として精算そのものをできない様にしているケースもあるようです。

【阪神】武庫川線精算券(中間改札発売)

20161228_01.jpg

阪神 武庫川線精算券(中間改札発売)です。

武庫川団地前駅延伸前の券です。東鳴尾、洲先の各駅に対して精算したときに発券していました。
当時はまだワンマン化していませんが、車内集札もなく出口付近にある箱へ投入していた状態です。
東鳴尾駅は車掌で集札可能な構造でしたが、洲先駅は両側に出口があるため、簡単に集札できませんでした。

この様な簡易的な様式を使用していたのは、武庫川駅で最低限東鳴尾までの乗車券は確認(精算)しているのと、東鳴尾、洲先で差額運賃が発生する対象駅が少ないのも理由だと考えています。

【京成】京成上野駅 矢印式乗車券(半硬券)

20161226_01.jpg
20161226_02.jpg

京成 京成上野駅 矢印式乗車券(半硬券)です。

等級制時代の券です。この時代に限らず、京成では半硬券と硬券、金額式と矢印式、(地図式)が並存していたため、どのように使い分けを行っていたのかと思っているところです。

裏面に広告がある券は多少はあるようですが、半硬券で広告を表示していたケースは多くないのではとおもっています。

広告といっても、自社広告で「大本山成田山新勝寺」への参詣を案内したものです。成田山公式Webでも昭和43年に大本堂落慶記念大開帳を奉修した記録があり、当時としてはそれなりの輸送があったと考えています。

循環番号と券使用量から見た場合、近距離券のためそれなりの需要があり、需要のある口座なら他の券でも一定期間は同じ広告があったのではと思っています。手元にある券で同様の広告がある券はこの1枚のみのため、上記内容は仮説です。

【京阪】香里園駅 途中下車印 (緑印)

20161225_01.jpg

京阪 香里園駅 途中下車印 (緑印)です。

元々国鉄型に準じた下車印(赤色)を使用していました。末期は緑色に変更されています。

途中下車指定駅は平成元年の時点で以下の各駅でした。
天満橋、京橋、守口市、香里園、枚方公園、八幡市、伏見桃山、伏見稲荷、三条、六地蔵、黄檗
参考:平成元年9月改正京阪時刻表(鴨東線開業対応版)

香里園駅の場合、成田山不動尊の最寄り駅(バス乗換駅)です。成田山不動尊は香里遊園地跡地(京阪経営)に京阪が千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺から別院を呼び寄せた(誘致した)経緯があり、京阪グループにとって重要な意味を持っていました。

伏見桃山は伏見桃山城キャッスルランド(近鉄系、現在は閉園)の最寄り駅であり観光客への便宜を図った物だと考えています。

問題は六地蔵と黄檗の2駅、なぜこの駅が指定されていたのか?指定された経緯がわかる資料が手元になく、私自身?な状態のままになっています。

【叡山電鉄】クリスマスステーション in 八瀬

20161224_01.jpg
20161224_02.jpg

叡山電鉄 クリスマスステーション in 八瀬

八瀬比叡山口駅で先週実施された、クリスマススイベント券です。
この券は会場内で使用する金券(飲食用)です。イベント会場内では直接現金を利用することはできず、事前にチケットを購入する必要がありました。任意の金額で購入できますが、不要になった券は当日に限り無手数料で払い戻しが可能でした。
設定金額は50円券と100円券の2口座で1冊10枚綴りの券でした。

20161224_05.jpg

100円券の方は実使用したため、回収されています。

20161224_03.jpg
20161224_04.jpg

当日の八瀬比叡山口駅です。
一般向けのイベントのため、会場内は落ち着いていました。
八瀬比叡山口駅にデオ800系列が入線することはまれです。定期運用では土・休日ダイヤに1往復のみ2両の運用があります。この運用はデオ900(きらら)が入線しているようです。修理・検査などで代走が発生すれば、デオ800、デオ700の運用もあります。通常はデオ700系列の単行ワンマンです。

鞍馬線系統を12分間隔で運行するときは7本必要なため、デオ800,900は全て運用に入ります。通常の土・休日ならデオ800は2本余裕があるため、今回はデオ811-812が八瀬比叡山口駅のイベントに入っていました。デオ801-851は修学院の車庫で切り離しされた状態だったため、検査中だと思います。

再開は来週?

原因不明で突然電源がOFF、リセット状態に
イベント ビューアーで確認したら「Kernel-Power 41」

ハードウェア故障からWindowsの不調、ウィルス感染まですべてが原因になりえる頭の痛いエラーだったりします。
全てのデータを外付けHDDに退避してから、トラブルシューティングを実施。

かなりの確立でWindowsの不調、あれこれ考える位ならクリーンインストールした方がマシと判断しています。
windows7のクリーンインストール・・・

週末はこれだけで終了か? 最近M$も過去の累積パッチを集約したKBを公開しているので以前も楽になったようです。
前兆としてはCドライブの空き容量が枯渇して、エラーが発生したり、良くない事象もあったりしたのです。

パソコン故障 しばらく休載します。

パソコンが故障しました。

過去に使用していた予備機から、書き込みしています。
修復できるまで、しばらくの間、休載します。

【京福】福井支社 永平寺駅 乗車券

20161216_01.jpg

京福 福井支社 永平寺駅発行発坂駅までの一般式券です。
この時代はまだ改札鋏を使用しています。痛んでいたのか、殆ど切れていない状態です。(入鋏済です)

上記の乗車券はそのまま車内で頂いてきたものです。発坂駅窓口営業時間短縮により、車内集札(ワンマン集札)に切替っていました。

20161216_02.jpg
20161216_03.jpg

2015年1月の発坂駅です。
えちぜん鉄道に転換してからも、京福時代の駅舎で利用できるものはそのまま活用しています。駅舎内は近代化(改装)を実施した駅もあります。発坂駅の場合、再度有人化する計画は無いようで窓口のあった部分は板で塞がれました。

【京福】福井支社 新福井駅 乗車券

20161215_01.jpg
20161215_02.jpg

京福 福井支社 新福井駅 乗車券です。

京福福井支社独自様式の一般式券の軟券でワンマン運行が開始された後の券です。そのため、裏面にも印刷があります。

この時代、京都側の叡山本線系統は京阪鴨東線開業により、存続の目処が付いた状態です。福井支社側は一部廃線、状況によっては全線廃線もありえる状態で、地元自治体との存続問題を協議していたようですが、完全に平行線で結論が全く出ていない状態でした。

その中で越前本線側も駅の無人化、窓口営業時間短縮などの合理化を実施したようです。新福井駅も営業時間をかなり短縮していた状態です。完全無人化を実施した時期は知らないのですが、山王、越前竹原、発坂の各駅も時間を短縮したのち、無人化されています。

えちぜん鉄道に転換(譲渡後)、勝山永平寺線では山王だけは駅員の配置が復活したのですが、現在は再度無人化されています。

【男山鉄道】八幡口駅 往復乗車券(複券)

20161214_01.jpg
20161214_02.jpg

男山鉄道 八幡口駅 往復乗車券(複券)です。

男山鉄道は現在の京阪鋼索線です。鉄道としては先の大戦中に不要不急線として「廃止」扱いとなっています。

20161214_03.jpg
20161214_04.jpg

1955年(昭和30年)に新規路線として復活しています。今年で復活から60周年を迎えるため、車体にラッピングと記念副標(鳩マーク)を取り付けています。

記念ボードに電球があるのはトーマス・エジソンが石清水八幡宮の竹を電球のフィラメントとして使用したためです。八幡市の市章に竹があるのもトーマス・エジソンのフィラメントを意識しています。

20161214_05.jpg
20161214_06.jpg

男山山上には 石清水八幡宮があります。今年「石清水八幡宮本社」10棟が正式に国宝に指定されました。これを記念して夜間のライトアップイベントが実施されています。

八幡宮と鳩の関係には諸説があるようですが、石清水八幡宮の本社中央には鳩があり、京阪特急の鳩マーク、八幡市の市章の鳩も石清水八幡宮の鳩が由縁となっています。

【京阪】本線 八幡市駅 乗車券

20161213_01.jpg

京阪本線 八幡市駅 乗車券(感熱券)です。

この乗車券にも途中下車印(天満橋駅)があります。

20161213_02.jpg

現在(2016年)の八幡市駅ホームです。

バリアフリー化工事により、2面4線から2面3線へ1線分待避線を撤去しています。淀駅高架化に伴い、八幡市駅での待避が不要になったためです。

八幡市駅待避線跡地は八幡市公式ホームページ「八幡市駅にエレベーターが新設され利用が開始されました。」で紹介されています。
http://www.city.yawata.kyoto.jp/0000000012.html

公式ホームページにある八幡市の市章は鳩と竹がデザインされています。京阪特急も鳩マークがシンボルになっています。

上記乗車券を購入したときは、昼間15分サイクルで急行が停車していたのですが、急行と特急の運行本数・停車駅を見直した結果、急行が大幅に削減され、現行ダイヤでは優等列車の停車本数はほんのわずかになっています。

【京阪】交野線 私市駅 乗車券

20161212_01.jpg

京阪 交野線 私市駅 乗車券(感熱券)です。

この時代の乗車券には「下車前途無効」の表示がありません。赤色の印は「途中下車印」です。
京阪電車では途中下車指定駅制度があり、この印は「八幡市駅」の分です。

この時代は各駅で赤色のインクを使用しています。末期になるとゴム印から「シヤチハタ」の緑印に変更されました。スルッとkansaiプリペイド券導入に伴い、途中下車指定駅制度は廃止になっています。

西鉄の様に磁気プリペイドカードを導入した際、カードで乗車した場合は途中下車の取り扱は実施しない、紙券に引き換えた場合は従来同様途中下車の条件を満たせは可能と柔軟に対応した社もあります。

【京阪】交野線 河内森駅 乗車券

20161211_01.jpg

京阪 交野線 河内森駅 乗車券です。

私市まで1駅乗車したときに使用した券です。無効印は裏面にあります。

片町線河内磐船駅から河内森駅まで徒歩数分と少し離れているのですが、連絡運輸があります。このときは連絡券を購入していませんでした。

京阪では徐々に感熱券へ切り替えが始まっていた時期です。駅によっては既に感熱券しかない駅もあった感じです。
このときは私市まで乗車した後、すぐに枚方市方面に折り返しています。交野線初乗車で多少は日本の鉄道全線完乗を意識していた様です。

【秋田内陸縦貫鉄道】角館駅 急行券(感熱券)

20161210_01.jpg

秋田内陸縦貫鉄道 角館駅 急行券(感熱券)です。

自動券売機の券で、当初は角館、阿仁合、鷹巣で発売していました。
平成24年の時点で阿仁合駅の場合、機器故障のため発売できず、角館、鷹巣の2駅のみ感熱券を発売していた状態です。

この時点では硬券を併用していたため、あえて感熱券を趣味的に残すことは少ないと思っています。同社の場合、定期的に着札を安価で放出していますが、券販機券は含まれていないため、手元の感熱急行券はこの1枚のみです。

端末導入に伴い、硬券乗車券・急行券の発売を取りやめ、自動券売機も撤去しています。

【秋田内陸縦貫鉄道】鷹巣駅 急行券(1期券)

20161209_01.jpg

秋田内陸縦貫鉄道 鷹巣駅 急行券(1期券)です。

社線内急行券の場合、B型券を使用している例はそれなりにあるようです。
この券は急行「もりよし」運行開始当初の初期券で51km以上(全線)に対応している券です。

前例がないため、国鉄(JR)券と同じキロ表示を行っていますが、個人的には区間指定方式でも良かったのではと思っています。発駅からのキロ表示の場合、有効区間が券面を見ただけでは即判断できないためです。

急行券の有効期間に関しては乗車券同様当日限りになっています。社線内乗車券も全線で100kmを少し下回るため、途中下車ができません。JR連絡で合計キロが101キロ以上の場合、本則通り社線内でも途中下車が可能になります。

【秋田内陸縦貫鉄道】角館駅 入場券(2期券)

20161208_01.jpg

秋田内陸縦貫鉄道 角館駅 入場券(2期券)です。

全線開業後に地紋のデザインを変更(拡大)しています。
この券は急行「もりよし」(AN8900)に乗車したとき購入した券です。

秋田内陸縦貫鉄道にとって全線開業は悲願でもあり、同時に超閑散区間が追加される問題点もありました。新線区間は日常の通勤・通学客が期待できない区間でもあり、観光客をなんとかして誘致したいという考えもあったと思っています。

同社の券は初期券はB型券中心でした。次第にA型券の運用も追加されています。A券、B券の明確な運用ルールなどは無い感じで時期によって両者混在している状態でした。

【秋田内陸縦貫鉄道】合川駅 入場券(1期券)

20161207_01.jpg

秋田内陸縦貫鉄道 合川駅 入場券(1期券)です。

全線開通前、部分転換開業時の券で最初期の地紋を使用しています。
入場券の金種は160円券と170円券の2種ですが、様式的には160円券は複数の様式が存在しています。

初期券は光沢のある薄いボール紙を使用していて、裏の券番は事務用品のナンバリング機を使用しています。乗車券(証券)専門の印刷会社で調製されたものでないため、印刷時期により差が発生しているようです。

少なくとも160円券は旧地紋1種(B券)、新地紋2種(A券、B券)、無地紋1種(A券)に分類できると考えていますが、どこかに例外券があるのではと思うこともあります。

【近鉄】乗車票 旧様式券

20161206_01.jpg

近鉄 乗車票 旧様式券です。

一般的には発駅証明、無札証明として使用されている券です。
近鉄の場合、自駅で作成したコピー券、エンコード磁気券、上記の様な常備券があります。

どの駅がどの様式券を使用するのか?一応パターン表(規程)があるらしいのですが、現実(運用)はバラバラで状況によっては新・旧券が混じっている状態です。

上記の券は単色印刷の旧券で新券はサイズ変更と2色印刷(黒・赤)に変更となっています。
少なくとも主に遠隔無人駅で使用する券、時間限定で使用する券、有人駅で使用する券の3パターンがあり、新・旧券を合わせると6パターンが存在しています。無人駅(無人時間帯)で使用する券は識別のために色紙(着色紙)を使用しています。
これにも例外があるようで、xxだからooになるという訳ではなさそうです。

無人駅によっては自動発券機や証明書類が何も設置されていない駅があり、そのまま乗車して車内で乗車券を購入する駅もあります。

駅の完全無人化や駅員配置時間帯の縮小で設置されている券種が変更になった駅もあり、全体像がサッパリ分からない状態になっています。

【JR北海道】増毛駅 入場券

20161205_01.jpg

JR北海道 増毛駅 入場券です。

前日で増毛・留萌間の運行が終了しました。本日で増毛駅は廃止になります。
この券は留萌駅で発売されていました。当時、増毛駅は既に無人化となっており入場券の発売はありません。管理駅で代行発売されていた事実上の記念入場券です。

私自身、この券の日付が最後に増毛駅へ行った日になります。それから増毛駅へ行く機会はありませんでした。最近は最終日になるとお祭り騒ぎになるようで、あまり良い印象はなかったりします。

昨日はニコニコ動画の生放送で現地からの中継があり、最終列車前から視聴していました。ちょうどスライドショーが始まったあたりです。

留萌からの最終列車は相当遅れていたようで、定刻を過ぎても増毛駅に到着していなかった状態です。遅れてきた最終列車に対して構内からフラッシュ撮影を行った見送り客が相当いたようです。JR北海道の社員はマイクでフラッシュ撮影の制止を叫んでいる状態でした。

多少でも夜間に撮影したことがある人なら夜間のフラッシュ撮影は禁止(絶対不可)との認識があると思うのですが、地元の見送り客の場合、理由が分からなかったのではと思っています。

夜間に小型のコンデジからフラッシュなしで撮影するとまともに撮影することは無理な話です。小型機の場合、フラッシュが内蔵されているため、明示的にフラッシュ・オフにしないと、自動モードだと勝手にフラッシュ撮影になるからだと思っています。

【近鉄】特急券 事故列変 証明書

20161204_01.jpg
20161204_02.jpg
20161204_03.jpg

近鉄 特急券 事故列変証明書です。

正確には「事故列変」ではなく代替席の案内です。近鉄の場合、1枚の特急券で2列車以上の乗継が可能です。前日の名古屋線の踏切障害により、津駅から乗継予定の特急が運休しました。

通常は停車しない中川の短絡線内で停車したため ? になりましたが、霞ケ浦駅・近鉄富田駅間の踏切で乗用車の単独事故があったようです。死傷者は無かった様なので特に報道はされていない感じです。

先乗列車に乗車中、後続(接続)列車が運休したとき、一応接続列車の変更ができることになっています。原列車より1時間以上遅延した場合、料金券は全額払い戻しになりますが、今回は約40分遅延のため払い戻しはありませんでした。

変更後の接続列車に余席がないとき(満席のとき)は全額払い戻しになります。近鉄特急に自由席がないため、JRとは異なる運用になっています。

裏面の印刷もありますが、原券の証明に関係する事項でないのでコピーの際「裏紙」を使ってしまったようです。その中で「駐車整理料金」の項目があります。

過去の記事でも取り上げていますが名鉄の場合、駐車券を駅窓口で発売していました。(専用の硬券)
近鉄では名鉄の様な専用券を見たことがありません。仮に団体客などの対応で領収した場合、諸料金切符などで発行するケースもあるかも知れませんが、詳細は不明です。

近鉄の諸料金切符を個人客が正規条件で発行する方法もあるようですが、相当レアケースのため実務上では殆ど発券実績はないと思っています。

【西武鉄道】豊島園駅 金額式乗車券

20161202_01.jpg

西武鉄道 豊島園駅 金額式乗車券です。

前日のあおなみ線の券は西暦表示で2016年券です。(下2ケタ表示だと平成16年券と間違うこともあります)
西暦表示の場合、近年は4桁表示券にかなり移行していると考えています。

20161202_02.jpg

西武鉄道もCIロゴを導入してから、かなり浸透してきていると思っています。逆にレオマークの存在はどうなったのか?
普段、関西圏で生活しているので、西武鉄道関連の社はなじみのない感じがどうしてもあります。

オーミマリンの船でレオマークを見かけたとき、(近江鉄道グループ、西武系列)系列会社の方がまだレオマークを使用しているのではと思うこともあります。

近鉄大阪線に乗車しているとき、八尾を通過すると西武八尾店が見えますが、なぜ西武なのかと思うこともあります。ここも来年の2月末日で閉店になります。

【名古屋臨海高速鉄道】金城ふ頭駅 乗車券

20161201_01.jpg

名古屋臨海高速鉄道 金城ふ頭駅 乗車券です。
正式名称は「西名古屋港線」です。一般的には愛称の「あおなみ線」で案内されています。

あおなみ線への個人的なイメージは巨額の赤字、SL騒動など良いイメージはなかったりします。SLに関しても1日限りのイベントなら兎も角、定期運行に関してはかなり疑問をもっています。現行の施設では軸重負担の関係で中島までしか入線できず、施設を改修しない限り金城ふ頭駅までの運転は不可とされています。

大井川鉄道への協力要請は断られ、要員・車両の確保も難航している状態で一世紀前の静態保存機をいじりだしてどこまで本気なのか、当分の間は迷走するのではと思っているところです。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する