【富士急行】寿駅 硬券入場券 170円券

20170727_01.jpg
20170727_02.jpg

富士急行 寿駅 硬券入場券 170円券です。

富士急行の硬券入場券は160円券まで存在していました。170円券以降は記念券のみ存在しています。対象の寿駅は無人駅でこの入場券は委託駅を含む有人駅で発売していました。

購入時、デザイン違いの複数の種類(口座)がありました、結局、1口座1枚だけ購入しています。発売場所によっては既にダッチングマシーンは存在せず、回転ゴム印も硬券に対応できる物がない状態です。そのため、日付を裏面に捺印してもらっています。
(事実上の記念品のため、無日付でも対応可能だとの事です)

【明知鉄道】明智駅 200円新券入場券

20170725_01.jpg

明知鉄道 明智駅 200円新券入場券です。ダッチングマシーンの方は状態が良くありません。活字の摩耗が酷く修理できない場合、回転ゴム印になる可能性があると思います。

20170725_02.jpg
今年定期運用を終了したアケチ6です。

交代で導入したアケチ101の方は当日運用に入っていない状態でした。
アケチ101導入に関して、岐阜県鉄道施設老朽化対策事業費補助金で費用の7/9はカバーできた様です。
https://www.pref.gifu.lg.jp/shakai-kiban/kotsu/tetsudo/11134/shisaku.data/roukyuukataisaku.pdf

【明知鉄道】岩村駅 極楽ゆき一般式 乗車券 

20170724_01.jpg

20170724_02.jpg

明知鉄道 岩村駅 極楽ゆき一般式 乗車券です。

この口座も大人用190円券は関東交通印刷券が存在していた様です。小児100円券の場合、端数整理の関係で運賃改定が実施されていません。 この小児券も開業当初からの残存券と思う事もあります。岩村駅のダッチングマシーンは不調とのことで、回転ゴム印を使用しています。

20170724_05.jpg

アケチ11 バローラッピング車
極楽駅設置に関して、スーパーマーケット 株式会社バローが費用の半分を提供しています。駅近くにはバロー岩村店などバローグループの店舗があります。

【明知鉄道】岩村駅 矢印式 乗車券 

20170723_01.jpg

20170723_02.jpg

明知鉄道 岩村駅 矢印式 乗車券です。
明知鉄道で常用している唯一の矢印式券口座です。この口座で関東交通印刷券を見かけたことがない状態です。小児の方はまだ平成23年以前の旧券が残っている状態でした。

岩村駅の場合、自動券売機が導入された関係で硬券の使用量は激減しているのではないかと思う事もあります。 

20170722_02.jpg

特殊自動閉塞に伴い役割を終えた腕木信号機、現在は復元(整備)したものを岩村駅で展示保存しています。

【明知鉄道】岩村駅 190円入場券

20170722_01.jpg

明知鉄道 岩村駅 190円入場券(旧券)です。

特殊自動閉塞導入後、完全無人化も検討されていた感じですが現在は時間限定で窓口営業しています。

岩村駅営業時間 火・木・土・日曜13:00~17:00
http://www.aketetsu.co.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=83

20170722_03.jpg

大河ドラマ おんな城主 直虎に連動して、岩村城主おつやの方でなにかとイベントを実施している恵那市観光協会(岩村町観光協会)、岩村の城下町は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。岩村醸造付近だとかなりの観光客で賑わっていました。

【明知鉄道】恵那駅 200円新券入場券

20170720_01.jpg

明知鉄道 恵那駅 200円新券入場券です。

料金改定後も新券に置換されないまま190円券を発売していた同社入場券です。恵那駅と明智駅は200円新券が登場しています。印刷会社は日本交通印刷で記念券を除き、190円時代の関東交通印刷券は存在していないのではと思う事もあります。

※岩村駅は日本交通印刷190円旧券のままです。

20170720_02.jpg

恵那駅の物販コーナーです。乗車券関連の発売は500円の使用済みセット券(袋入り)の在庫がありました。

【明知鉄道】乗車券印刷会社の変化 恵那駅

20170719_02.jpg

20170719_01.jpg

明知鉄道 乗車券印刷会社の変化 恵那駅分です。

恵那から東野までの同一券で上の券が190円旧券 日本交通印刷、下の券が200円現行券 関東交通印刷券です。明智鉄道では2014年4月1日に運賃改正を実施しています。運賃改定後の新券が関東交通印刷券です。印刷時期により発注先が異なっている感じです。

なぜか両社で地紋(字模様)の構成が異なっています。私鉄現行券で印刷時期により字模様が変化することがあってもで2種類の字模様が共存する少ない事例です。

字模様原版は貴重品扱いで、国鉄などでも民間に字模様印刷を委託したケースなどでは字模様を変更していることがありました。規模の小さい地方私鉄でそこまで考慮しているか?少々謎の部分もあります。

【明知鉄道】乗車券印刷会社の変化

20170718_01.jpg
20170718_02.jpg

明知鉄道 乗車券印刷会社の変化を考えたとき、興味深いものがあります。上の券は関東交通印刷で作成された券、下の券が日本交通印刷券です。

転換当初から日本交通印刷で調製していました。途中から関東交通印刷に移行したと思ったら、現行券で日本交通印刷に戻った券もあり、完全に関東交通印刷へ移行した様ではない感じです。

硬券全盛時代なら複数の印刷会社へ発注していることもありました。現行券の同一口座で調製時期により複数の印刷会社が混在になるケースはまれなケースだと思っています。

※上記の券は明智駅にて着札を1枚20円で販売している券です。(平成29年7月現在 消費税込)

【名鉄】新鵜沼駅 JR東海発行券

20170715_01.jpg

名鉄 新鵜沼駅 JR東海発行券です。

新鵜沼駅の構造上改札分離工事が実施されるまでの間、JR東海側駅舎でも名鉄乗車券を発売していました。名鉄側はJR常備券で対応していました。JR側は自動販売機かマルス端末での対応です。

名鉄・JR連絡通路には名鉄側が設置した中間改札(出札)もありました。時間帯によっては無人状態のこともあり、鵜沼着のJR券しか所持していないケースだと名鉄線内無札で車内精算するケースもありました。

【帆柱ケーブル】鋼索線 片道乗車券 小児

20170714_01.jpg

帆柱ケーブル 鋼索線 片道乗車券(小児)です。

この券は山上駅で購入したと思っているのですが、券面からは判別できません。日付印も会社名で発売駅名を使用していない状態です。

20170714_02.jpg
帆柱ケーブル 山上駅 2001年9月撮影

目的地は「皿倉山」ですが、社名は「帆柱ケーブル」、少し紛らわしい感じもあります。現在では「皿倉登山鉄道」に社名を変更しています。

【高松琴平電気鉄道】塩屋駅 半硬券

20170713_01.jpg

高松琴平電気鉄道(ことでん) 塩屋駅 金額式 半硬券です。

2013-06-29の記事で同駅の小児券を取り上げています。この券は同時に購入した大人券です。
※当時の塩屋駅は駅前商店で乗車券を発売していた簡易委託駅です。

***
乗車券を整理していると問題になるのが収集専用のアルバム台紙です。
最近まで製造していた4穴B5サイズのA・B券用黒色台紙が生産中止になった様で新規に入手不可になっています。硬券そのものが減少しているため、近年は大量に窓口購入することもなく、多少の買い置きだけでなんとかするしか方法がない感じもあります。

【高松琴平電気鉄道】公文明駅 半硬券

20170712_01.jpg

高松琴平電気鉄道 公文明駅 半硬券です。

当時、直営駅・(簡易)委託駅共、同じ様式を使用していたため、券面からは業務形態が判別できません。改札(運転業務)は直営でも出札は委託(駅構内・駅前商店)を実施していた事もあり、一見しただけでは良くわからない事もあるようです。

***
公文明駅の近くに井戸簡易郵便局があります。隣の井戸駅から歩くと1駅分歩くことになります。ここは農協(JA)委託のため、郵便貯金非扱いで何もできませんでした。為替の取り扱いも無かったようです。事前に何も調べす無人駅できまぐれ途中下車して何か探す事もあります(※平成以降の話です)

【名古屋市交通局】世界コスプレサミット2017

20170711_01.jpg

「世界コスプレサミット2017」記念ドニチエコきっぷです。

ドニチエコきっぷを購入したらこの券が出てきた状態です。コスプレに関しては知識がありませんので、交通局の案内URLを参照願います。http://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ENJOY/TRP0002148.htm

***
週末に10年以上前に購入したルータが正常動作せず、インターネットに接続できませんでした。結局通販で代替機を購入。上前津(電気街)で調達して持ち帰っても初期不良なら後が面倒(返品送料だけで大赤字)、ジャンク品(返品不可)ならアキバで調達して新幹線で持ち帰ったこともあります。

ルータを新品に交換しても、ネットに接続できない状態でトラブルシューティングを実施したら、犯人はNAS(ネットワークHDD)。コンソールに接続できない状態+pingコマンドにも反応しない。完全ハングアップ+電源スイッチにも反応しない状態でした。ACコード引き抜きの強引なOFF/ONで正常に。

前回購入したのは安物ルータ代表のBBR-4MG、今回も同じ機種です。IT機器なんて発売から1-2年経過したらモデルチェンジのイメージがあるのですが、10年以上前のモデルが現行機種としていまだに購入できるのはある意味スゴイです。

【鹿島鉄道】鉾田駅 硬券入場券 ゴム印補充券

20170707_01.jpg

鹿島鉄道 鉾田駅 硬券入場券です。

前日の連絡券と同日に購入して保存していたのですが、入場券の方が紙焼けが進んでいます。関東鉄道系の場合、金額・駅名補充式の券が圧倒的に多く、鹿島鉄道の場合、初期の段階で印刷した券が無くなるまでそのまま発行していたと考えています。

この時代以前の地方私鉄券は国鉄・JR券と比較して圧倒的に発行枚数が少ない、ゴム印補充でも十分対応できる量しかないと考えています。社によっては乱雑にゴム印を捺印しただけの券もあり、収集用としてはイマイチの状態です。

JRから硬券が消滅した時期以降の方が丁寧にゴム印を捺印券がある感じもあります。

【鹿島鉄道】鉾田駅 JR連絡金額式硬券

20170706_01.jpg

鹿島鉄道 鉾田駅 JR連絡金額式硬券です。

鹿島鉄道の有人各駅窓口では端末が導入されるまで、硬券を使用していました。石岡駅に中間改札が存在しないのと石岡から先JR券は所持していたため、連絡券を購入してそのまま手元に残しています。

***
無効印で手元に残す方法もあるとは思いますが、時代によっては無理な事もありました。最近は磁気情報を無効化するために事務機器でパンチ穴を開けるケースもあるようです。流れ作業で硬券でも問答無用で穴開けしてしまうこともあるため、どうやって手元に残すのか?少々難題かも知れません。

【関東鉄道】鉾田線 玉造町駅 金額式乗車券

20170705_01.jpg

関東鉄道 鉾田線 玉造町駅 金額式乗車券です。

鹿島鉄道分離前の券で鹿島鉄道移管後も印判を更新して使用していたようです。自販機老朽化対応などで新型機(後継機)へ更新していない様です。画像からは非常に分りにくいのですが、淡赤色のPJR字模様があります。

***
廃線から20年、ここも末期(廃線直前)は少々騒ぎになったようで、あまり良い話が無いような感じです。関鉄グリーンバスBRT転換後は1回だけ乗車しています。

【近鉄】京都駅 120円硬券入場券

20170704_01.jpg

近鉄 京都駅 120円硬券入場券です。

近鉄の入鋏印色は赤色が基本です。いくつかの駅で例外があり、京都駅では紫色を使用していた時期があります。印の小型化と実利用率が下がったため、変則的な色変更の運用はもうないと考えています。

blogの記事に関して(追記)
最近、長年放置していたホームページの更新(準備)を少しずつ進めています。元々ホームページ更新用のネタ帳(メモ)にするため、blogを作成した経緯があります。

1本の記事にそれなりの時間を使用するか、10分程度の時間で1記事分メモで作成して(公開メモ化)するか、更新方法は色々とあるとは思います。当面このスタイルになると考えています。

【国鉄】篠山口駅 130円入場券

20170703_01.jpg

国鉄 篠山口駅 130円入場券です。
この券は高校生のとき、余った青春18で福知山線の客車列車に乗車した記念で購入しています。

往路大阪から篠山口までは10系客車が運用に入っていたため、選択して乗車した記憶が残っています。末期の35系、43系だと他線区でも少し運用が残っていた状態の中で軽量設計、ノーシルノーヘッダーの10系客車は他の客車よりも廃車が先行していたらしく、座席車だとこのとき以外に乗車した記憶がありません。

【JR西日本】丹後山田駅 硬券入場券

20170702_01.jpg

JR西日本 丹後山田駅 硬券入場券です。

部屋の整理をしていたら、小箱から出てきた券です。紙焼けが酷い。
宮津線は昭和62年3月に乗車した後、KTRへの転換が決定したため、JR時代の内にもう一度と思い青春18の余りで乗車したと思っているのですが、メモが出てこない状態です。何も考えずに乗車した可能性があり、券を見ても当時の記憶が全く出てこない。

今月の新刊情報を見ていたら「JTBの鉄道全線乗りつぶしログブック」が発売されるようです。JTBのスマホアプリ「レールブック」はダメだったようで、今年サービスが終了しています。電子的に記録するか、紙とペンのアナログで記録するか、これだけ電子機器が普及しても永遠の課題かも知れません。

【阪神】野田駅 地紋着色変更券(淡燈色)

20170701_01.jpg

阪神 野田駅 地紋(字模様)着色変更券(淡燈色?)

昭和40年代中頃に発売された阪神券で字模様の着色を変更した券が数枚手元にあります。当時の旅規を一度も閲覧した事がなく、手元に解説した資料が全くないため、どの様な目的で変更していたのか?状態になっています。

インターネットに情報(記事)があふれている状態であっても、誰も記事にしていないと検索しても答えが出てこない事もあります。
市販の書籍を利用した場合、国鉄・JR券に関しては解説があると思いますが、特定の1社、限られた時期のみの事象では中々難しい事もありました。

乗車券収集家として著名な徳江 茂さんのきっぷの話 (交通ブックス)にて、乗車券の着色に関して記事があります。過去関西の私鉄に関して近鉄・阪神などで実施していた事に関しては触れられていません。 私鉄乗車券に関して信頼できる二次資料が少ない事も原因の一つだと考えています。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する