【京阪】大津線 5駅 3月16日 無人化

20160502_01.jpg
20160502_02.jpg

3月26日から関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリーが開催されています。京阪 石山坂本線では709-710編成の副標をスタンプラリー副標に変更しました。

スタンプラリー開催直前の3月16日から追分駅、中ノ庄駅、瓦ヶ浜駅、粟津駅、唐橋前駅の各駅を完全無人化。島ノ関駅は平日7:30-9:00以外無人化するなど利用客が少ない駅の合理化を実施しました。

地下鉄東西線乗り入れ開始後、京津線の各駅では車内集札を実施していません。今回、浜大津以南の無人化駅でも運転士が一部の例外を除いて集札しなくなったようです。

以前は昼間の時間帯に駅員不在時間が長かった瓦ヶ浜駅などでは運転士が集札をおこなっていました。今回の改正で集札を取りやめた様にみえます。

背景として、駅の構造上集札が難しい駅がある+無人駅拡大の影響+石山寺駅での折り返し問題など複数の要因があると見ています。一旦ダイヤが乱れると、京津線のダイヤまで影響するのでできるだけ定時運転できるように配慮したのではと思っています。
またこの時期、浜大津の交差点からの併用軌道は交通量がかなり激増するので、浜大津-上栄町間で運転室に添乗(監視)員を追加しているなどの要素もあるとは思います。ここが乱れると三井寺から浜大津(石山寺ゆき)の電車が交差点の前で数分待機(酷いときには5分程度)することになるので、無ダイヤ状態になってしまうこともあります。

追分駅は東西線乗り入れと同時に簡易委託(駅前商店委託)から直営化しました。今回の対応で再び無人駅に戻ります。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する