【有田鉄道】金屋口駅 準常備乗車券

20160721_01.jpg

有田鉄道 金屋口駅 準常備乗車券です。

この券は末期に乱発された券の一部で事実上の記念乗車券です。準片ですが断片を切り取っていないのは320円券(金額固定)として発売していたためです。逆に断片を切り取り70円券として発券することはありませんでした。

様式的には小児断片部分を身割用としています。この様な準片が実際に存在していたのか?残念ながら私は他社での使用例を見た事がありません。実務上は割引印を捺印することにより発券可能(対応可能)なため、ここまで変則的な券を用意することは無かったと考えています。

あまりにも多量に異様式券を乱発したため、実際の運用(使用)に関して、旅規との整合性などはあるのか?という疑問はあります。

この疑問に関しては、これらの硬券類を実際に使用するときは乗車当日発行の乗車券てあれば様式は一切不問であり、金額部分(複数の枚数を合算可能)しか確認しないとのことです。使用済みの乗車券も特に回収することはありませんでした。

極端な話、見た目は逆方向の乗車券でもそのまま区間変更不要で乗車可能です。(仙台市営地下鉄、発駅フリーの普通乗車券と同じ考え方です)

結果的には社名、日付、金額部分だけが乗車券の主要素であり、その他の部分は記念乗車券の絵(写真)と同じ扱いになります。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する