【近鉄】滝谷不動駅 臨発用 磁片券

20160816_01.jpg

近鉄 滝谷不動駅 臨発用 磁片券です。
(事前に用意した磁気エンコード券(磁片券)で対応した臨発券です。)

20160816_02.jpg
20160816_03.jpg
(滝谷不動駅 臨時改札と窓口 2016年8月撮影)

滝谷不動駅は「瀧谷不動尊」の最寄り駅でお不動様のご縁日(毎月28日)は臨発対応していた時期があります。

2016年8月現在も河内長野方面のホーム入り口に過去に使用していた臨時改札と臨発窓口(詰所)が現存しています。瀧谷不動尊へはこの臨時改札を利用した方が近く、構内踏切を横断する必要はありません。
見たところ臨発窓口は物置状態になっており、近年は使用されていない状態かも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
私も似たような券を持っていたと思って調べたら、
平成5年の元山上口でした。
乗車券は駅前の店で購入したような気もするのですが、どうだったのでしょう。
駅員は居たように思うのですが集札要員だったのでしょうか?
同じ日の硬入は持っていないので当時、硬入は無かった?
とにかく、この駅は他と違うな・・・とは思ったものです。

Re: No title

おみかんさん、コメントありがとうございます。
私自身、近鉄簡易委託出札で乗車券を購入したのは、大阪線大福駅が最後です。
近鉄簡易委託末期券の場合、委託か直営かを判別するための記号がないため券面からは判別できないと思います。
様式的には直営駅と同じ券を使用していました。このような駅の場合、入場券が無かった駅もあります。

大福駅の改集札は直営で行っていたため、券売機を設置する代わりに委託で乗車券を発売していたと考えています。
大阪線の小駅の場合、元々の駅舎スペースがかなり小さい駅が多く、現在は地下に出札・改札を設置した駅が多い状態です。

直営駅でも複数の理由から磁片券を設備していた駅もあります。現在では遠隔無人化が進んだため、元山上口駅も無人化されました。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する