【山陽電鉄】尾上の松駅 入場券

20161006_01.jpg

山陽電鉄 尾上の松駅 入場券です。

元々独自様式で発売していた山陽電鉄の入場券です。150円券(小児80円券)の途中で様式が変更になっています。

2016年発行券ですが、年号の下2ケタ表示のため後から画像整理するとき平成表示券と混同する可能性があるため個人的には西暦表示は4桁表示が良いと考えています。

20161006_02.jpg

近年公式ホームページや駅名標などは「山陽電車」表記になっているものがあり、駅名は平成3年「電鉄xx」から「山陽xx」に変更しています。

乗車券や入場券は昔から使用している山陽電気鉄道の略称、「山陽電鉄」のままです。

20161006_03.jpg
駅名標とは別に上記のイラストが各駅に設置されています。
尾上の松駅のイラストは鶴林寺(本堂は国宝)です。

鶴林寺の最寄り駅は旧高砂線の鶴林寺駅です。山陽電鉄、尾上の松駅の近くには旧高砂線尾上駅があり、実際は1駅分離れています。徒歩だと鶴林寺まで約15分程度だと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

山陽電鉄

こんにちは~
山陽は券売機の黄色いキップが良かった。
あの券で入場券を集めました。
それ以前の半常備とでも言うのか(駅名日付印押すタイプ)より、
黄色の券売機券が、きれいで個性もあって良かったと思っております。

Re: 山陽電鉄

コメントありがとうございます。

山陽も神鉄粟生線ほどではありませんが遠隔無人化が進んだため、常備券を出すことは殆どないと思っています。非常用としては以前のもぎり券(常備券)も金庫の中にあるらしいです。使用しない様になってからかなりの年月が過ぎているので返納廃札になってるかも知れません。末期は金額補充式に変更され量もそれほど出ていないと思っています。

私鉄券の場合、感熱券でも各社の考え方がかなり優先されるので多様性があります。
近年、食券機を使用した券では独自の印字パターンを作らず既成フォントで対応してしまうこともあるようです。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する