【山陽電鉄】神戸高速 阪急 連絡回数券

20161007_01.jpg

山陽電鉄 神戸高速 阪急 平成17年発行の連絡回数券です。

一見、山陽-阪急の2社連絡回数券に見えますが、当時は神戸高速鉄道が独立した形で運営されていたため、3社連絡回数券になります。

連絡回数券という乗車券はかなり限定された乗車券でJR関連の場合、極一部の企画券に限定されています。(比較的有名なのは錦川鉄道、鹿島臨海鉄道などの第三セクター関連の券だと思います)

関西私鉄の場合、北急-大阪市交通局、泉北高速-南海の例があります。乗継割引が関連すると、回数券の割引と乗継割引の重複適用に問題があり、普通乗車券とは異なる計算方法で算出する様です。

上記の券例では山陽、高速、阪急の3社分を単純に合算しているだけですが、神戸高速分150円の表示がどこにもありません。発売合計11300円から逆算すると神戸高速分が150円(2区)と判明します。

西代から山陽710円区間、三宮から阪急270円区間の任意の区間で有効になるため、実質通過となる神戸高速分の表示が省略されている状態になっています。


前回の運賃改定時に神戸高速線内1区の回数券を旧運賃に据え置きしたため、普通乗車券と回数券で金額が異なる現象が発生しています。神戸高速線内1区普通乗車券130円区間の回数券は11枚1200円です。この運賃は連絡回数券に適用されない状態です。(山陽・阪神方面から連絡回数券を購入した場合、高速1区の単価は130円です)

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する