【神戸電鉄】樫山駅 矢印式硬券乗車券

20161031_01.jpg

神戸電鉄 樫山駅 矢印式硬券乗車券です。

神鉄特有の矢印式券です。この券は樫山駅無人化前の券で小児断線の右13は樫山から13区間(当時の450円区間)を示しています。

樫山駅から13区間に該当する駅は湊川、谷山、花山の3駅です。方面別に最遠駅だけを示している状態です。

20161031_03.jpg

現在の樫山駅(2016年撮影)です。当初の駅舎も老朽化のため、改築されています。

20161031_02.jpg

粟生線も存続危機問題発生から数年が経過しています。1年間で10億円程度の赤字が発生しているため、廃線(バス転換)もケースによってはありえる状態です、具体的にどの区間を存続断念するのか?詳細は何も決まっていない状態です。 

一時期、押部谷-粟生間の上下分離を求めていたこともあったようです。昼間は小野まで15分間隔、粟生まで30分間隔で運転していたダイヤを志染から粟生まで60分間隔に大減便するなど、もう完全に余裕がない状態になっています。

粟生線存続のため、平成24年に県と市から無利子で40億円融資されています。この借金は平成29年に一括返済する必要があり、再び存続問題が再燃する可能性があります。

現三木市長は三木鉄道廃止の際、鉄道廃止賛成派(バス転換容認)でした。粟生線に関しては、廃止反対(国土交通省へ支援要請)するなど、真逆の対応を行っています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する