【有田鉄道】御霊駅入場券(セット券)

20170226_00.jpg
20170226_00a.jpg

有田鉄道 御霊駅入場券(セット券)です。

有田鉄道では近代(140円券時代)入場券の設定は元々ありませんでした。キハ58003でJR湯浅駅片乗入を実施していた時点で何度か確認しています。

JRとの連絡運輸を廃止した後は名目上、金屋口駅を無人化した扱いになっていて、定期・回数券は隣のバス側の事務所で対応していました。詳しい時期は資料がない状態ですが、平成10年頃から入場券の発売(記念券扱い)を開始しています。

末期になると1日2往復まで削減されたため、列車発着時間帯に限り窓口を開けていました。
上記の券もセット券の一部です。最末期になるとバラ売り、様式を変更して同時に複数種を乱発したため、どれだけの種類が存在しているのか不明です。

20170226_01.jpg

2017年の御霊駅跡です。

このblogの記事(2016-07-15)で2014年の御霊駅跡を取り上げています。傷んでいた部分が少し補修されているなど現在でも大切に保存されています。

20170226_02.jpg

2017年2月のキハ58003です。2016年12月にエンジンが故障した関係で現在は稼働できない状態になっています。
保存(展示)運転はハイモ180-101で対応を行っています。ハイモ180-101も機器不調のため、保線作業用モーターカーを連結してモーターカー側で制御しています。(ハイモ180-101のエンジンは稼働するため、アイドリング状態で対応しています。)

※展示運転ですが、車両の問題から3月までは毎週土・日運転から隔週(不定期)へ変更されています。機器の状態により休止する可能性があり、4月以降の予定は未定とのことです。

※通常旧駅構内は解放されていません。展示運転時は公開(ホームに下車して撮影可能)されているため、事前に事務所にて撮影することを伝えています。

※旧駅跡は有田川町 コミュニティバスの発着場所に指定されているため、完全CLOSEエリアではありません。(観光施設巡回バスは別の場所に停車します)

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する