【JR西日本】下祗園駅 金額式硬券乗車券

20170304_01.jpg

JR西日本 下祗園駅 金額式硬券乗車券です。
今思えば広島市内中心部に近い駅でこの時期まで硬券が残っていたと思っています。

本日、可部線が延伸され「可部」駅から「あき亀山」駅まで新規に開業しました。
実態は廃止された旧可部線、加部・三段峡間の内1.6kmの区間が復活した状態です。書類上、旧線区間は廃止、今回開業した区間は新規開業の扱いになっています。

個人的な話ですが、私の日本の鉄道全線完乗は「あき亀山」駅で達成する見込みになりました。現在乗車率はJR線(国鉄線通算)で99%、私鉄(特定地方交通線転換線、近鉄分社化など含む)も99%です。

記録方法(完乗ルール)に関して、かなり個人差があるとは思います。私の場合、丸ごと引継した場合、国鉄・JR、交通営団・東京メトロなどは記録を通算しています。特定地方交通線転換線は国鉄・JR線としては廃止、引継先は新規開業のため、記録は通算していません。京福福井支社・えちぜん鉄道も路線をそのまま引継することができず、京福は全線廃止、えちぜん鉄道側は新規開業扱いのため、記録を通算していません。

スキーはダメなので索道事業は記録の対象に含めていません。旧丙種などは一度も乗車したことがない状態です。

付替区間の扱いに関してはデータを整理中です。記録の中には近鉄阿部野橋駅の様に改札の位置が移動して駅中心が変更となり営業キロが減算となった区間が存在するなど単純ではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する