【JR西日本】あき亀山駅 金額式乗車券

20170326_01.jpg

JR西日本 あき亀山駅 金額式乗車券です。

可部線延伸区間の新駅は河戸帆待川駅、あき亀山駅共無人駅で券売機が1台あります。JR西日本宮島フェリーへの連絡券は不発売となっています。(券売機に口座がありません)

20170326_02.jpg
あき亀山駅 2017年3月撮影。

今回、あき亀山駅にて日本の鉄道全線完乗を達成しました。やっと終わったという感想と少しだけ残っている国鉄線時代に乗車した後 未乗になっている区間やとさでん交通の様に新会社へ移行した社が次の対象になると考えています。

私の場合、まだおとなび会員、大人の休日倶楽部(ミドル)の入会資格がありません。本来ならもっと早い段階で達成していたと考えています。一旦区切りとして今回無理矢理片づけた感もあります。

原因として特定地方交通線転換「バス」をどうするのか?私の未乗線区は九州と北海道に点在していて既に元の路線が崩壊してしまい対応できなくなったことも理由の一つです。開始したのが「いい旅チャレンジ20,000km」時代、キャンペーンには参加ぜず独自ルールでやっていました。当初は鉄道線時代に乗車できなかった転換バスにも対象に加え、後に私鉄線を追加しています。

数年前に自己ルールを見直し、自動車・航路を全て除外しています。社線側の自己ルールとJR(国鉄)ルールで同じ扱いにしたためです。

未乗で残ってしまった線区は妻線(一部)、山野線(一部)、宮原線、松前線、瀬棚線、富内線、士幌線、相生線、名寄本線(一部)、羽幌線、美幸線、渚滑線の各線区です。

室木線代替バスの様に途中の鞍手で事業者が分割されたため、旅程の都合上2回に分割したこともありました。未乗のまま残った富内線代替も当初は2ルート(経由)に分割された上、遠隔地かつ乗継に難があるため、後回しにしたところ一部区間の路線が完全に廃止となり、既に乗車できなくなっています。

散々悩んだ上、基本に戻ることして代替バス系統を全部除外しています。そのためBRT線は今回の対象に含めていません。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する