【松本電鉄】新島々駅 硬券入場券140 160円券

20170430_01.jpg
20170430_02.jpg

松本電鉄 新島々駅 硬券入場券140円券、160円券です。

現行170円券(松本電気鉄道~アルピコ交通)時代の券には地紋(字模様)があります。何時の時代から地紋を印刷したのか確実な情報がない状態です。手元の140円券と160円券を比較した場合、既に160円券には地紋があることから、昭和60年8月以降、平成2年までの間に変更していると考えています。

170円券以降(アルピコ交通へ社名を変更後)も地紋の印刷は継続して実施しています。同社の古い券(10円券時代)は手元にないため、推測ですが新島々駅以外の近代券は170円以降に調製(発売)したのではと思うこともあります。

但し、下新駅170円券の様に実券は存在しても、駅に口座がない? 欠札状態なのか、元々から口座がないのか、現地窓口では入場券が存在しないことになっている駅もあります。

160円券から変更したと言い切れないのは、手元に資料がないのと、料金改定と連動しない形で様式変更を実施する他社事例があるためです。


例えば、近鉄70円券、90円券など調製時期により様式が修正された券が存在しています。

コメントの投稿

非公開コメント

下新駅

こんにちは!
こちらの記事ですが何度か読み返したのですが
下新のくだりがよく理解できませんでした。
下新は現在硬券入場券が無いということでしょうか?
私が下新で硬入を購入したのは平成9年でしたので20年前のことになります。
当時すでに170円券でした。真新しいログハウス風の駅舎でした。
委託のかたは、かつては信濃荒井に居たと申しておりました。
私は平成3年に信濃荒井へ行っており、乗車券を購入しています。
平成3年の時点では新島々以外の有人駅では硬券入場券は無かったと思います。

Re: 下新駅

おみかんさん、コメントありがとうございます。

私も平成券は170円券からしか存在していないと考えています。

お話の前提として、平成19年11月の事例になります。
このとき、私は全ての有人駅と一部の無人駅を訪問しています。当時、松本電鉄では本社扱いで無人駅を含み、松本駅を除く全駅分の入場券(170円券)を用意していました。

松本駅改良工事完了まで西口側に松本電鉄の定期券窓口があり、そこで全駅分の入場券を発売していました。この窓口では北新・松本大学前駅は新券(新駅名)、下新駅分も用意されています。

平成19年11月の時点で下新駅にて確認したところ、入場券を置いていない(口座がない)とのことです。この時点で下新駅の営業時間は平日の朝のみでした。

駅で欠札状態なら本社分が存在していたため、補充は簡単だと思います。営業時間の短さから券が殆ど出ない状態(購入客が少ない)で定期券窓口が存在していた時期は松本駅で簡単に全駅分入手できたことから、駅での実需が殆ど無かったのではと思うこともあります。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する