【三菱石炭鉱業】車内乗車券(末期券)

20170505_01.jpg

三菱石炭鉱業 車内乗車券(末期券)です。

道内最後の私鉄、大夕張鉄道線は昭和62年7月に廃線となりそれ以降は公営(市営)、第三セクター方式の私鉄だけが残った状態になっています。

廃止時点の運賃は大人40円、60円区間の2種類でこの乗車券は遠幌-清水沢大人40円(小児20円)券として発行しています。

廃止まで客車列車(貨物との混合列車)のみの設定でした。ここまで運賃が安かったのは末期に運賃改定の実施がなく利用客の大半は通学輸送であり、三菱石炭鉱業関連の利用者も多かった為だと考えています。昭和62年の時点で設定されていた客車列車本数は1日3往復と最低限通学需要に対応できる本数までに削減されていました。

昭和60年に発生した大規模炭鉱事故以降、炭鉱の規模縮小が実施され、南大夕張炭鉱閉山前に鉄道線が廃止となっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する