【JR西日本】和歌山市駅 南海連絡常備券

20170609_02.jpg

JR西日本 和歌山市駅 南海連絡常備券です。

現在も残っているのか?少し気になる口座です。和歌山市から高野山へ行く場合、難波(天下茶屋経由)よりJR和歌山線経由の方が距離が短い状態です。橋本駅がJRと南海の共同使用駅時代なら問題ない券です。橋本駅の改札分離を実施した際、JR側の乗換改札は駅係員が居ない(自動改札のみ)状態です。

和歌山駅のMIO改札など自動改札しかない無人改札の場合、非磁気券だと中央改札から出場する様に案内がある状態です。上記の連絡券が現在も残っている状態なら橋本駅の構内図を知らないまま購入して乗車するとある意味クレームの元になりかねない券です。

上記の券は購入後、結局未使用のまま残しています。
私の場合、スルッとkansai 3dayチケットで和歌山バス那賀の橋本線(既に廃線)市駅から橋本駅前まで約2時間、何度か乗車しています。橋本線も免許維持路線に格下げ後、平成29年3月31日限りで那賀営業所前~橋本駅前間を廃止しています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

南海の券売機でJR線和歌山市発、橋本経由の南海線連絡を売っていたように思います。
今では売っていないのではないかと思います。

そもそも7月15日のICOCA導入と改札分離に伴い、南海和歌山市駅の補充片道・補充往復・補充回数券は設備廃止されるようです。
JR線は専用の自動券売を設置するとのことでした。

Re: No title

コメントありがとうございます。

ネットで調べてみると、現在も高野山ゆき常備券口座は残っているようです。実利用者は少なく現状は収集用かも知れません。

7月15日以降は完全に終了するようでJR券は1口座も残らない事が駅のポスターで公開された様です。南海の自動販売機も一部の駅では新今宮接続以外JR連絡券の口座を除外してしまった駅もあります。ICカードの普及に伴い、関西圏も紙券での対応は縮小されると考えています。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する