【伊賀鉄道】公有民営化後の硬券入場券 全種

20170126_01.jpg
20170126_02.jpg
20170126_03.jpg

伊賀鉄道 公有民営化後の硬券入場券です。
様式的には変化はありません。時期によりイベントなどで使用した異様式券の残券を通常券として発売していた事もあります。

茅町駅などは券番が1桁台にリセットされた新券になっています。公有民営化後、暫くしてから日付の取り扱いに変化があった様で全駅西暦表示の年号4桁の回転日付ゴム印を使用する様になりました。

伊賀神戸駅は近鉄委託駅で伊賀鉄道の出札窓口はありません。近鉄券は和暦を使用しているため、伊賀鉄道用の回転日付ゴム印を使い分けしています。

コメントの投稿

非公開コメント

有効期限表示について

そういえば、定期券の有効期限表示が和暦から西暦に変更された所もありますね。
ただ、自動改札機を通す場合は問題ないですが、人間が券面を目視確認する場合、数字2桁から4桁に増え文字が小さくなって視認性に問題がある様に思えますが・・・

Re: 有効期限表示について

まっさん さん、コメントありがとうございます。
同社の場合、現在も普通乗車券は転換時のままです。(和暦使用)
車内集札を実施していますが、実態は乗車券の有無程度しか確認できていない状態かも知れません。

ワンマン実施後、近鉄時代は完全に放置していたのでまだ改善された状態かもしれません。基本的には前乗り、前降りのJR北海道スタイルです。860系時代ならドア配置の関係から車内集札は困難な状態でした。
ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する