【京都バス】嵐山地区 乗継制度最終日

20140321_02.jpg

20140321_01.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

京都バス 嵐山地区乗継券です。明日3月22日より嵐山地区は京都市内均一区間となるため、この乗継券発行は本日が最終日となります。車急式の券で乗車した整理券番号で切り取ります。下り用は整理券番号6で乗車したため、報告券部分が残りました。嵐山下車時に一度運賃を支払い、乗継時に差額を支払うシステムです。2回目乗車の際は現金のみ有効でカード・回数券などは使用できませんでした。

この券ですが殆ど案内されていません。乗継券の目的は元々あった京都市内-(嵐山)-苔寺/大覚寺・清滝の系統が阪急嵐山・苔寺方面への運転が中心になり、一部の便が阪急嵐山-清滝間の区間便に変更されました。
結果的には京都市内から大覚寺・清滝方面へ直通する便数が減少したため、嵐山乗継時の運賃負担が直通便と同額にする意味がありました。大覚寺方面の場合、市バスも運行していますが、この券は京都バスに限り有効です。

明日からは1日券が使用できますので乗継乗車が発生した場合、実質負担は片道あたり250円になり、現行運賃との差は殆どありません。

※1:この券は公式ホームページで案内されていました。車内では乗継制度に関しての案内が一切なく、一般の観光客の場合気が付かないか、嵐山地区に有効な共通1日券(1200円券)などを所持しているため、どれ位使用されていたのか?と思っています。

※2:京都市内から大覚寺方面への系統に乗車して、嵐山で苔寺方面に乗継する場合でも、この制度は利用可能です。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する