【東急】田園都市線 たまプラーザ駅 入場券

20140809_01.jpg

東急 田園都市線 たまプラーザ駅 入場券です。

東急公式ホームページより現行の入場料金は130円で入場後2時間有効になります。この券は80円券時代の旧様式券で時間制限がない時代の券になります。「たまプラーザ 入場券」となっており、~駅の表記ではありません。

現行券の様式は東急規第298条で定義されていますが、入場時刻の制限は表記されていない状態です。新様式券でも入場券の表記に「駅」を印刷しない様式を採用しています。ところが110円券時代に存在した常備券では駅の表記があり、なぜか統一されてない状態です。感熱化前の券では駅表示があります。

本当の問題は東急規第294条-2、3で定義されている文面なんですね。

294条-2
入場券は駅において、自動券売機または係員により発売する。この場合、入場券の使用時間を制限して発売することがある。
294条-3
前項後段の規定により入場券の使用時間を制限する場合は、券面に発売時刻を表示して発売する。

公式ホームページの案内と旅客営業規則で矛盾が発生しています。294条-2では「発売することがある。」との表現になっています。294条-3では「発売時刻を表示」するとなっています。

公式ホームページでは「入場後2時間」となっています。ここで問題があります。発売時刻基準と入場時刻基準では効力に差があり、公式ページ内で矛盾を解決できない状態になっています。旅規では「使用時間を制限」するとなっているので、入場時より時間計測するのが正しいと思いますが、入場時刻を券面に表示していません。

東急券の場合、入場券の様式考慮不足だと考えています。120円券時代から時間制限のことに関して券面に表記がありません。294条-2は記念入場券(常備券)の発売を意識した文面になっていますが実運用では無理があります。

入場時刻より制限時間を計測する入場券で阪急券・能勢券では上記矛盾などが発生しないように考慮されています。自動改札通過時に入場時刻を印字する方式になっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する