【北九州高速鉄道】企救丘駅 相互式券

20150629_01.jpg

北九州高速鉄道 企救丘駅 相互式券です。

開業当初から相互式を採用しています。現在では金額式券に移行しました。

なぜ?相互式なのかと思っています。ここから先は自分の考え(独自研究)であり根拠はありません。

ここでモノレール開業までの経緯を考えてみると、北九州高速鉄道は西鉄北方線廃止代替として建設した経緯があり、開業当初は西鉄から移籍した方も居たとのことです。西鉄北九州線には独自の金額式券と筑鉄連絡の相互式券が存在していました。

地方私鉄で相互式の磁気普通券を使用している社は多くありませんが、西鉄北九州線には相互式券が存在したため同じ様式を採用したのではと思っています。(勝手な想像です根拠はありません)

開業後も長年小倉駅へ直接乗り入れすることができす、累積損失が約253億円となった時点で北九州市が事実上の救済を行い、資本金81億5千万円は全額減資して西鉄などの民間企業は全面撤退、現在では北九州市が100%の株式を保有しています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する