【黒部峡谷鉄道】宇奈月駅 端末券

20150910_01.jpg
20150910_02.jpg

黒部峡谷鉄道 宇奈月駅 端末券です。

この様式が登場した当時は85mm券で発行していました。ところが平成26年から乗車券、整理券、入場券以外の料金券は120mm券で発行しています。

復路の乗車整理券はありません。草薙駅から乗車する場合、「窓なし自由席」=普通車を含め全て列車(車両)の予約ができません。乗車当日余席がない限り乗車できないルールになっています。

草薙駅で下車した場合、草薙温泉以外特に観光地も無く一部の列車は通過しています。乗降客数が多くないため、通常時は問題ないと思っています。草薙駅で普通車の定員がオーバーした場合、普通車の車掌席を解放することがあります。特別車側でもドア扱いができるので、車掌が移動して対応しています。

それでも定員がオーバーする場合、工事列車の座席を解放します。(ここまで極端に混雑することは少ないらしいです)
工事列車には現役最古と思われる(1920年代の貨車を改造した客車)ハ形が運用されており、これに乗車するには座席解放を狙う以外方法はありません。

工事列車の座席は全席関西電力が買い取っているため、座席解放時は関西電力から座席を買戻ししています。そのため座席数は厳密に管理しています。(解放があると宇奈月到着直前にホーム上から駅員が一般客の乗車人数を数えます)

関西電力が買取した座席は全額電気料金の発電原価計算に算入可能なための措置だったりします。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する