【南海】鉄道線 大阪軌道線 共通回数券

20160131_02.jpg

南海 鉄道線 大阪軌道線 共通回数券です。

昭和22年、近鉄との戦時統合が解消され現在の南海電気鉄道が誕生しています。近鉄時代に使用していた地紋から自社地紋へ切り替えるとき、南海鉄道時代の車輪に羽を元にして新地紋を作成しています。

この回数券は地図の範囲で任意の1区間に有効でした。軌道線-鉄道線区間にまたがる区間でも1区券でそのまま乗車できる区間があります。

地図には大阪市内から長野・羽倉崎まで掲載されています。年代によって区間が異なるらしいのですが(手元に詳しい資料がありません)区間制運賃を採用していた区間と対キロ区間制(山岳区間対キロ区間制)を採用した区間があり、両者で賃率が異なるため回数券の共通化ができない区間があったようです。

鉄道線の運賃制度はその後、全区間対キロ区間制運賃に移行しています。
回数券が金額式に移行した時点で貴志川線を除き全線で利用可能になっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
サイトのご案内はWeb版本館と共通です。本館へのリンクはリンク欄にございます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:みやび(雅)

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する